×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

10月1日(金)
遂に入ってしまった10月。
いろいろドキドキです。
はぁ・・・。

そんな今日は風邪引きさんな井ノ上。
昨今の寝不足が祟ったか
気温が下がったにも関わらず、薄着でクーラーの風に当たったのが駄目だったか
学校も欠席するほど調子が良くないです。
熱も出てきた・・・。
初っ端最悪やな。

そんなワケで
今日は更新お休みということで・・・。
受験前やし、体は大事にしようかと思います。
ぐふっ。



10月2日(土)
今日は学校へ行ってきました。
最近何だか疲れが溜まっていたようで・・・。
いろいろな悩みを抱えてるもんですから。
普段からバカ云ってても、考える時は考えてるんですよ。
友達にも愚痴ってしまって
申し訳ないことをしたなぁ、と反省。

・こんなもの見つけました
軽い鬱病やな、みたいな自己診断。
思えば昨日の発熱もその所為なのかな、とか考えつつ
重い足取りで学校へ。

ネタを見つけるもしないまま帰宅。
今日は学校行事もあって
午前だけの授業でも帰りは平日通り。

さてさて。
井ノ上は髪の毛が多くてですね、ある日、妹に髪を剥いてもらってたんです。
で、この数ヵ月後に散髪屋に行ったんですよ。
その当時も今も腰手前くらいまで髪があるんですが
毛先が傷み過ぎてて揃えに行きました。

そこでの衝撃的会話。

小さい頃から行きつけの散髪屋さんなんですが。
床屋の兄さん「髪長いなぁ」
岬「大分長いこと切ってないんで」
兄さん「せやろうなぁ。いつから?」
岬「(2003年)9月に一回縮毛強制あてに行って以来かな?あ、でもちょっと前に妹に剥いてもらいました」
兄さん「ホンマに。結構うまいこと剥いてあるなぁ。でも・・・」
岬「??」
兄さん「剥いたらアカンとこまで剥いてあるわ(笑いながら)」
岬「・・・・・」






























まぢで?(滝汗)

え、ええええええ、え?
まぢですか?

岬「え、え、え。マジですか?」
兄さん「うん、見事に切れたるわ(感心)」
岬「あ、あの・・・それって元に戻らないんです・・・か?」
兄さん「あー、戻んないねぇ(笑いながら)」

まぢで、すか?(鉄砲汗)

し、信じられへん・・・。


因みに、この時妹が使用した剥きバサミは
井ノ上毛の飼い犬、オスのゴールデンレトリーバーくんを剥いた剥きバサミでした。

そのことで妹に反論したところ
「大丈夫!ちゃんと洗ったから!!」


今日はネタが見つかって良かったと思います☆★(泣)



10月3日(日)
朝から全国区でご活躍している某グループが
経営されているところへお買い物に行ってきましたよ。
兄と妹と三人で。
これはまた波乱の予感ですね!

・・・・何にもなかったんだけどね。

・買いました
またまたサザン話。

「君こそスターだ/夢に消えたジュリア」

聞きましたぜよ!!
兄がWAYでバイトしてるんですけど
そこで売られていたとのこと。
昨日、バイトの予定はないが
行く予定があるとかでついでに買ってきてもらいました。

えぇ・・・(井ノ上さんご満悦)

「君こそスターだ」
“走り来る陰は 明日への追い風”
このフレーズに聞き惚れvV
オリンピック応援歌って感じむんむん!!
いや、感じるところはそれだけじゃないんだけど・・・。
オリンピック開催中、
いろんな歌番組でライブっぽく歌っていやはった時は
バックダンサーにオリンピック選手をモデルにした人らがいはりまして、
夜中一人で踊ってました。うろ覚えで(大馬鹿者)
こんなに部屋で一人騒いだのは、
ある日の夜、突然B’zの「太陽のKomachi Angel」が聴きたくなったので、
兄の部屋に侵入してCDをさらって聴いてた時以来です(何をやってる)
このときも踊ってました(バカ)

「夢に消えたジュリア」
中国雑技団の方々を動員したとして有名な
(確か)JALのイメージソング。
この歌は妖しくお洒落ですよ。
云うなれば「エロティカ・セブン」みたいな。
あそこまで崩れてないけど。
井ノ上大好きです、こう云うのっ!!ぶぁんぶぁん歳!
特に最後な・・・。
かなり悶えてたし!
聴く度悶えてたし!!
判る人は共感してください。
判らない人はもう放っといたってください。

「DOLL」
泥だらけになって捨てられたお人形さんの話です。
可愛い女の子のお人形さんは誰かに会いたいと祈っています。
哀しいのかな、訴えかける歌詞です。
コレはこのCDの中での唯一の涙ほろりモノ。
前の二つとちょっと違った志向の歌でした。
これは研究中。
もっと深く入り込んでみなくては・・・。


昨日の兄の買い物はマンガだったんですが、
これまた良いお買い物!

「かってに改蔵」
マンガとはある程度離れた井ノ上ですが
やっぱり読みたいものはあるみたいで、コレはその一つ。
でも最終巻です。
最終話はギャグなしと云う事でちょっと期待してました。
マジきれいに終わってるし。突っ込み難い。
ところで作者の久米田さんは、読者に服とか靴とか可愛いって好評だったみたいですが、
あたし的に、この人は構図が好きでしたね、はい。
扉の構図とか良いのが多かった。

「PLUTO」
絶対読もうと思ってた!
あたしが完全にマンガ界に見切りをつけても
この人だけは尊敬し続けようと思っています方!
浦沢直樹さん!!
こちらは大御所 手塚治虫さん原作と云うこと・・・でしたっけ?(よく知らない)
とにかく浦沢さんはすごいです。
初めて見たこの人の作品は「MONSTER」
それから「MASTERキートン」読んだり「パイナップルARMY」読んだり
只今連載中の「20世紀少年」は当然読んでたり。
手塚さんの作品も結構読みますよ。
この人の作品は近所の図書館に置いてありますし。
んで「PLUTO」
めっちゃヤヴァい。
何がやばいって・・・何もかも。
多分、浦沢さんやったら考えへんやろうな、みたいな。
いや、手塚さん、やっぱりすごいんですね。
これはオススメ!
何を薦めたいんかイマイチ伝わってない気がするけど(←それ気のせいじゃないし)
人間、ホンマに感動した時は言葉なんか出ませんて。


以上です。
本日はこれにて。
たまにこう云うのも良いカモ・・・。
でも突然こんなこと云うと惑わすかもな(どんな人間だよ、お前は)



10月4日(月)
誰にも判らないであろう、
そして、
時が経てば自分ですら判らなくなるであろう
愚痴を云います。

井ノ上は野生児なんで
やる事なす事全て感覚です。
だから変にマニュアルみたいのを突きつけられると
ゼロに戻るんです。
即ち、出来ることも出来なくなるんです。
大きなお世話と云うやつを体験したこの日。
忘れましょう。
向こうは悪気はないのだから。
寧ろあたしがこんなこと云うのが間違っているのだから。

・待ちに待ったこの日
フフフ・・・。
この日はもう待ちに待ちに待った日ですよ。
最近どんなに鬱ってても
この2,3週間はとりあえず今日の為だけに生きてきました。

仁志敏久さん!
HAPPY BIRTHDAY!!

判りますでしょうか??
プロ野球 読売ジャイアンツ 背番号8番 仁志敏久選手
のことです。

上記のことが云いたくて云いたくて
この日を待ち続けておりました。
云えたよ!お母さん(感涙)

井ノ上はこの仁志選手にぞっこんでございます。
世間様に「ピカチュウ顔」とか云われてても好きです。
彼が
マウンドに立てば狂うし、
打てば狂うし、
取れば狂います。

今回プロ野球界はいろいろ大変なことになりまして
野球観るの止めた方とかいる(であろう)中、
井ノ上は仁志選手の活躍に夢中でした。

そんなワケで、
当HPでも今日は大々的に何かやろうかと思ってたんですが
予定が狂いまして結局ここにて祝うだけに・・・(泣)
なんか今日は「狂う」と云う言葉が沢山出てきますね。

まぁ祝うって云っても、
メインページのアップとかそんなん。
受験&中間前なのにね・・・。
あ、でも登録させて頂いている検索サイト様の更新は
全て今日の為にとってございました(それに何の意味がある)
更新してきます。

そんでもって今日は
兄のガールフレンドの妹さんの誕生日でもあるんですよ。
だからそれも兼ねて、とか思ってたんだけど・・・。

近々更新しようかと・・・。


最近こんなことばっか云ってるけど
井ノ上岬はこういうヤツですんで。
興味のない方にはとことんつまらない話ですよね〜。

昨日に引き続き、
人を惑わす大作戦☆(だからどんな人間なんだ、お前は)
        ↑こんな作戦は立てた覚えがない(当然だ)



ま、これで
明日からまた鬱人生だぜ☆★
あー、いつもの井ノ上ですねぇ(ヤッベー)
心配してくださった方は(おらん)良かったですね(良いワケない)
ホント、今日は狂ってるわ・・・。※酒は入ってません



10月5日(火)
今日、数学の先生が
吐息(?)と共に発したセリフが
なんともエロボイスで焦った。
結構お歳のいった方なんですが、スキーをなさっているとかで
体格は良いんですよ。
とまぁ腐女子発言。
たまには良いじゃない。

・やっちまったい
記憶をなくした経験はあるだろうか?
物忘れではなく
記憶喪失と云うヤツだ。

今回の話はそんなことはあまり関係なく(何だよそら)
ただ何が云いたいのかと云われますと
今朝から2限目くらいまでの記憶がないということなのです。

宗教校らしく
毎日朝からお祈り?をするんですが
今日に限ってはその記憶がない。
いや、やっていた気はするんです。
でもそれが現実であったかどうかは定かでないのです。
はて?

それから1限目。
今日の1限目は政経です。
あたしは大変この授業を気に入っておりまして
毎時間楽しみにしてるんですが、
どうしたことでしょう?(以下、劇的!ビフォーアフター風)
ノートは心許無い字で埋め尽くされており
まるで精神を病んだ情緒不安定な患者さんのような有様に仕上がっています。
いつもならメモ程度にノートの隅の方に書く補足説明がなく、
とても片付いた広い空間が広がっているではありませんか。



・・・・・(泣)


んで2限目。
日本史でした。
この授業は先生の説明のよるプリント穴埋め形式で行われております。
各欄には通し番号が書いてあるんですが
どうしたことでしょう?(以下、劇的!ビフォーアフター風2)
少しの間、意識が飛んでいたかと思うと
黒板にはもう3,4個も先の番号の答えが書かれているではありませんか。
教師の説明はさっきまで自分が聞いていたものと全く繋がりはなく
まるで何処か不思議の世界に来たような幻想的な気分を与えます。



・・・・・(大泣き)


極めつけ、トドメの一発。

友人「井ノ上さん、今日はグッスリやったな」
































ドウシタコトデショウ?

あぁ・・・。
井ノ上岬、授業中に落書きはしても
こんなに眠ったことはなかった。
昼休みにマジ寝したことはあったが・・・。
やはり睡魔は悪の手先であったか!!
     ※「やはり」の理由:“魔”とか付いてるし

・蛇足
こんな油断をした所為か、天罰が下りました。
コンピュータの授業中、使用していたパソコンが突如として動作停止。
だが家のパソコンで慣れているから焦らず修正。
その為、課題進まず。



10月6日(水)
今日は古典の先生が面白かったです。
この先生は進路指導部長の先生でもありまして、
普段なら
授業始めに進路指導をして
それから勉強、と云う感じ。
この人の授業は判りやすくて好きです。
そんな先生の本日の授業。
実に7分。
ずっと先生の話をしてました。
メッチャ楽しかったです。
あんなに喋る人だったのか。

・ドラえもん
今日の学校帰りはいつもよりちょっとだけ早くて
駅で電車待ってたんですよね。

いつもは何でか知らないけど
学校を取り巻く禍々しい何かの力が働いて
外が暗くなるまで帰れないんですよね。
その時間帯はあんまり若い方もいらっしゃらなくて、
同じ学校の人とかを見かけても
部活帰りでぐったり気味なんですよ。

でも今日は割りと日が高かったんで
若者も多くてやかましい。
んで、若者が駅の待ち時間にやることと云えば携帯電話。

あたしも学校に携帯持って行ってるんですけど
校則違反です。
で、学校から最寄の駅では先生をよく見かけることが多いので
なるべく出さないようにしてます。
余談ですが、
井ノ上は過去、駅にてメールを打っていたところ、
送信終了して顔を上げたら隣に先生がいたことがあります。
マジ吃驚しましたけど
校則違反には緩い人だったんで助かりました。

そんなあたしが駅でやることは読書。
今日も読んでいましたら
何処からともなくドラえもんの曲が・・・。

アニメ ドラえもんが放送されて以来
歌い手は変わっても
そのメロディは変わらない
あのオープニングが!!
しかも歌付きで!!!

何!?何事!!?




もうお判りでしょうが着ウタです。
どうやらメールがきたら鳴っていたようで
電車が来てからも頻繁に聞こえるあの歌。
ほんで
そいつもさっさと消したら良いのに
「はい!タケコプター」まで云わせやがんの。





本、読めねぇよ・・・。



10月7日(木)
暴君ハバネロを初体験いたしました。
めちゃ辛かったです。
一つがとても小さなお菓子なのに
何であんなに辛いのか?
いくらちゃん(「サザエさん」より)の「はーい」「ちゃーん」「バブー」くらい
奥の深い食べ物ですよ。

ところで昨日書き忘れてたんですが、
調理実習をしました。
班ごとに分かれて
各班自由に調理する形式だったのですが、
うちはホットケーキとチャーハンと云う
何ともワケの判らない組み合わせ。
あたしはチャーハン食べてないけど・・・。
ホットケーキも途中でギブアップ。
だってご飯の後だったんだもん。
入んないよ。

・日直でした
日直当番でした。
出席番号順に回ってくるから判ってたんですがね。
押し付けられた与えられた任務を遂行すべく頑張ります。

日直の仕事と云っても
授業の中休みに黒板消したりするのが主な仕事。
あ、そうだそうだ。
日直日誌なるものを書かないと。
朝のHRで渡される筈。




担任が持って行っちまいやがった。

おいおい。
それであたしの今日の仕事が記録されなくて
職務怠慢とかやめてくれよ。

3限目の中休みくらいに持って来てくれはりましたけど。
※何故それまで井ノ上が動かなかったかと云うと移動教室だったからです。



10月8日(金)
またしても昨日書き忘れたんですが
中間テスト前になってしましました。
勉強しなきゃな。
多分しないけど。

・居眠りこいた日
1,2限目記憶喪失事件(10/5)の政経のノートを、
今日、授業があったので開いたら
何やってたんだろう自分、と軽い自己嫌悪。

税について書かれたページなんか
補足説明がなく、マジきれいで、
ヘロヘロの線達が組み合わさって
辛うじて文字らしきものを演出していました。


こんなに眠かったことは今までにありました(でも眠ったのは初めて)
例えば去年の生物の時間中とか・・・。

異化の単元で「発酵」を習っていて。
いろいろな発酵と云う働き(アルコール発酵・乳酸発酵)をノートに写す作業の時、
とんでもなく眠かったらしく
次の生物の授業でノート開いたら
「発
になってて吃驚。
しかも全部そうなってて、よく見ると「酵母菌」も
母菌」
になってました。

そして更に驚くべき事実として
最近その当時のノートを開いてみたら
「乳酸発
と、未だ間違ったままだったことが発覚し、かなり凹み気味。
常日頃から寝惚けていると云いたいのか?


して今回もまた同じような間違いを政経で。
とんでもない眠気の賜物ですよ、これは。

税についてのページ。
間接税。
消費税とか酒税と云ったものですね。

これは
法律上の納税者と税負担者が一致せず、
実際の負担が他の者に転嫁される税のことで、
これを前の授業ではこう記してありました。

・寝惚けていた時の井ノ上のノート
間接税・・・納税者キ税負担者→間接税・・・納税者キ税負担


税負担の会社!?
これは一体どうしたことなのか。
税負担すると云うワケの判らない仕事をする為に設立された会社なのか?
全く意味不明だ。

気付いて良かった。


今日は眠くなかったです。
ちゃんと授業受けれました。
やっぱり面白い授業ですよ、政経は。

・寝惚けていない時の井ノ上のノート
直接税→















(泣)



10月9日(土)
台風上陸は免れました。
昨日からほぼ確実と云われていたのが
まさかの大どんでん返し。
今日は学校でした。
またしても台風による休校を逃しました。
でも今日の欠席者が多かったのは何でなんだろう?
学校側(主にうちのクラス)は欠席者各家に警報が出たと推定。

・頑張るということ
「頑張る」と云うのは何とも月並みな激励用語だ。
他人に対しても自分に対しても使用可能で、
何かに取り組もうとする人に向かって云うにはあまりにも当たり前になりすぎた。
したがって、割りと軽い感じで人はこれを用いるが、
あたしはこの「頑張る」という言葉の意味の重さは
所謂、頑張る本人にも、また、云った本人にも多大な責任が課せられるのだと思う。

当たり前であるが故に考えるべき言葉の重要さ。
こういうことを云う手前、
無論あたしは「頑張る」と云う言葉の定義に背くような状況では使わないし、
そうなるであろうと想定される時も極力用いないようにしている。
この話は、あたしがよくHP上で「頑張らない」という類で使うのに関しては一斉関係はない。

では本題。

世の中全てとは云わないが、
少なくともこの日本においては
頑張るには取るに足りないことが多すぎる。
日本でこんなに体たらくが目立ってきているのは、
日本が国ぐるみで世上の体たらくに合わせて動くからだと思う。

学校ではそれが盛んに見受けられる。
敢えてそれがなんであるかは云わないとして。

ではどうすれば人にヤル気を起こさせるのか。
「頑張る」ことがいかに重要であるかを気付かせる手段として
こんなものを考えてみた。


「クイズミリオネア」という番組がある。
これは、問題を解くことによって賞金を得るクイズ番組で、
あたし的には司会者によって視聴率が左右されている気がしてならない番組の一つだ。

ところでこれに出演する人間は
獲得賞金(最高額1000万円)を得るにあたり
各々、使途を示す。
例えば借金返済。
例えば生活費。
といった感じ。

この、ある意味では簡単な貨幣収入方法は体たらくの鍵とも云えなくはないが、
それはそれで「頑張れ」ば良いと思う。
自分の生活を最低限維持しようとする「頑張り」であったり、
夢を叶えようとする「頑張り」であったり、
それは人によって様々だ。
これは憲法によって与えられている「自由」という権限。

では当然
「遊ぶ為のお金」
という使い道も良いワケだ。

しかし、ただ遊ぶだけのお金というのでは、
「1000万円とったら旅行に行く」というのに酷似する(と云うより同等)
しかも遊ぶお金ならそれほど頑張らなくても
駄目なら駄目でいいや、という感じになり兼ねない。
一応確認すると、今日の議論(こう云うといつもやってるみたいに聞こえますね)は
あくまで「頑張る」ということ。

さて、あたしがここで云う「頑張る」理由というのは
寧ろ獲得してから後の話が最も重要だと云える。
クイズに答える段階の「頑張り」は序章、課程に過ぎない。
というのも、あたしが云っているのは
「一生遊んで暮らす為のお金」
という意味だからだ。

はっきり云って、1000万円はでかいお金だ。
あたしはあまり物欲を表に出さない(と思っている)が、
たまの欲求は高額なもののことが多い(パソコン然り)
だが、あたしで云うとこれまでの17年間、
井ノ上家が岬の為に使った貨幣支出は
おそらく(と云ってもほぼ確実に)1000万など越している筈だ。
共有支出であっても、個人支出であってもそれは云える。

17年間で1000万を越す、ということは、
仮にあたしが暫定女性の平均寿命辺りまで生きるとしたら、相当少ない額と想定される。
しかし、前提条件により
ここで手に入れる1000万円で一生、それも、遊んで暮らさなければならない。
そうなると人は「頑張る」
だが、出来ないことはない・・・と思う。
さっきも云ったように、1000万円というのはでかい。

つまり、1000万円というのは
「頑張れ」ば一生遊んで遊んで暮らせる額
ということになる。

遊ぶと云う行為自体は楽なものだが、
当然出てくる消費貨幣に上限があるとすれば
「頑張ら」ざるを得ない。
しかもだ、
ミリオネアに関して云えば、
今後の自分の生活支柱となる1000万円を得る為の「頑張り」も必要とされる。
あくまで1000万円は「最高賞金額」なだけであって
必ずしも会得できるものではない。
税金もある。

結論として。

借金苦、と云うわけではないのだから返済のような心配はいらない。
しかも、人間の本分とも云える「遊ぶ」
更に、贅沢な欲求である「楽して暮らす」(これは「遊ぶ」ことの定義のみで獲得されます)
そして、本題であった「頑張る」ことの重要さを理解させる。

要約して「頑張って遊ぶ」


理論的には良いと思う・・・。
意味はないんだけど。
理論って虚しいですよな(総合的なものへと責任転嫁)

あ、ただ今回の話の一番の難点な部分は
それを実行させたとき(或いはしたとき)
どれだけ「頑張って遊ぶことの頑張りを重要視し、維持させるか」かと。
駄目なら駄目でいいや、はこの場合、大敵となる心理だ。
いや、理論上の考えだから考慮に入れなくてもいいのかも・・・。


どうでも良いですけど
「頑張れ」って励ましは命令形ですよね☆

(寒くなったと思われる空気を変えようとする抗い)←失敗傾向



10月10日(日)
髪の毛を切りに行ってきました。
受験の願書に貼っつけるのにキレイキレイしに(可愛さ表現)
ところで、
ばっさり切ったつもりはないのに髪が妙に減った気がするのは
何故なんでしょう?

・明日は・・・
えっとー、大学に行ってきます。

実は今月24日にですね、井ノ上は受験なのですよ。
超ドキドキなワケですよ。

んで、
当日、迷子にならない為に、
また、遅れないように
大学に行く練習をするわけですね。

朝が早いのですよ。
何せ大阪、
井ノ上宅から1時間半から掛かるのでね。
今日は早く寝なさいとか親にも云われてて・・・。


以上のことから
井ノ上が結論として云いたいことはですね
本日の更新は勘弁して下さい(土下座)
テスト前でもこんなこと云わなかったのにね。


という訳で、
明日は大阪で何か見つかると良いな☆

お休みなさいませ〜。



10月11日(月)
今さっきまでアニメ「ブラック・ジャック」観てました。
今日からですね。
あたし、アニメーションってどうしても好きになれないんですけど
まぁいいかな・・・。
でもピノコはもっと可愛くても良い筈だ!!

・昨日申した通り
大阪へ行ってまいりました。
電車に乗ってる時間が長くて疲れましたぁ。

それにしても
あたし、受験って面接だけなんですよね。
受験概要を見たところによると
「約10分」




い、1時間半から掛けて行くのに
向こうにいる時間はたった10分すか!?

い、いや。
でもこの10分は今まで感じたこともないくらいに長い10分になりそうだ。
何て云っても推薦もらっての受験ですからね。
落ちたらヤヴァいって、冗談抜きで。











ふー。














井ノ上がこんな話をするってことは、ですよ?























大阪ではあまり面白い発見がありませんでした(泣)


次は受験日かぁ・・・。



10月12日(火)
よくよく考えてみたら明後日から中間考査が始まりマス。
よくよく考えてみるまで判りませんでした。
そして井ノ上は推薦(大学)の都合上、
この3年生は最終成績まで
最低でも評定平均値4.3を維持しなくてはならないことが発覚し、
面倒くさいことに気が抜けなくなったであります。
特待生制度です。
これさえクリアできれば何かいろいろお得なんで
とりあえず頑張ろうと・・・。
まぁ、成績落とすなんて自尊心が許さないでしょうしね。
でも、勉強はしません!!←自尊心の表れ☆

・「優しさ」とは
10/9に「頑張る」ということに関していろいろ私論を
つらつらつらつらうつらつらつらつらつらつらつらつらつらつらつらつらつら
書いたわけですが、アレちょっと反省。
自分的には大好きなんですが、
あんな風に書く気はなかったんですよね。

だから今回は
もっと判りやすく、を目的として
セリフ調に?語ってみたいと思います。

題材 「優しさ」
   出演 岬(仮)
       まゆむ(仮)

岬「“優しさ”って何なんだろう・・・」
お空の彼方を見ながらそんなことを抜かす。
まゆむ「・・・さぁ」
同じく、お空の彼方を見ながらそう答える(ウザそうに)

岬「何かこう、漠然としてて掴めないんだよね」
まゆむ「うん。“頑張る”ことみたいにね」
岬「それでいて抽象的でさ」
まゆむ「うん。“頑張る”ことみたいにね」

岬「どうしてソレがあると落ち着くんだろう、ってか、嬉しくなるんだろう?」
まゆむ「・・・さぁ」

暫し、北北東の方向を見つめながら沈黙。

まゆむ「“優しさ”はカタチにはなり難いね。自分が思う“優しさ”が、必ずしも思い通りに相手に伝わるとは限らない」
岬「・・・複雑なもんだね」

暫し、南南西の方向を見つめながら沈黙。

まゆむ「君は、どういうことが“優しさ”なんだと思うの?」
不意をつかれたように返答に困る岬。
やがて、ゆっくりと口を開く。
岬「・・・・放課後・・・・・・」
まゆむ「放課後?」
虚を衝く出だしに一瞬うろたえを見せるまゆむ。

岬「放課後、誰もいなくなった教室で、誰も世話をしない金魚に餌やったり水替えたり、花に水やったりすることだと思うの・・・」
恥ずかしそうに頬を赤らめさせて、岬は云う。恥ずかしそうに・・・。

まゆむ「・・・そう」(ウザそうに)



以上です。

学校帰りの駅でずっと考えていました。
“優しさ”を表現する、って難しいね
(この場合はそういう問題ではないことに、誰か気付かせてやってください)



10月13日(水)
昨日の更新も反省いたします。
アレは・・・何?

今日は学校を休みました。
何かいろいろありまして疲れてて・・・。
明日からテストなんで、それに支障が出ないようにゆっくり休むことに。

・よ〜く考えよぅ♪
10/11に行ってまいりました大阪でですね、

よ〜く考えよぅ♪
お金は大事だよ〜♪

で、有名な会社の方が
道端でアンケートを取ってらっしゃったんですが、
そのアンケートに答えると
CMアヒルの小さなぬいぐるみ(キーホルダー施用)がいただけるということで
父母に答えてもらいました(バカ)
妹とあたしのと二ついただきました。


さて、この会社のフレーズ、先ほどの歌なんですが、
お金ってのは人の付加価値ですよね。
人が生まれてからお金って使用され始めたもんでしょ?

「結局、世の中、顔かお金なのよ」
なんてよく云いますけど、それはそうですよね。

否定する人はそこに「愛」なんて持ってきたりしますけど、
仮に、現在の状況がそれでOKってなことで動いてるなら、
「愛」は「お金」のポジションと何も変わらなくなる。
とか思いません?


ところで、
物の価値を決めて、
それに相当するだけの別のもの(後の?お金)を差し出す
この制度を初めて考えた人はすごいです。

そんな制度は
何も目に見えた場所のみで行われているわけではないわけですね。

世の中には、
一億円を懐に入れて「記憶にありません」なんて云う人もいるんですから(定かではない)

もう、あの歌の通り、お金は大事ですよ。
欲を満たす上ではね。

そう云う人達にはとっても

お金は大事だよ〜♪

で、ありながら

お金は正義だよ〜♪

なんでしょうな。


「お金」が「愛」に勝らないことが奇麗事なら
その逆も然り。

怖いもんだなぁ。


で、どうしてこんな話をしたかと云いますと、
特に意味はないんです。

胸を張って云えますよ。

特に意味はないんです。

フォントだって変えちゃいますよ。

特に意味はないんです。
特に意味はないんです。
特に意味はないんです。

何なら色も変えますよ。

特に意味はないんです。
特に意味はないんです。
特に意味はないんです。


すいません。
本当に意味はないんです。
書きながら、オチはどうつけようかなって思ってて・・・。

本当もう特に意味はないんです。
(もうえぇっちゅーねん)


最近またノリが悪くなっているなぁ。
ここは一挙、改正に踏み出さねば!!

ってなことで、明日からは装いを新たに頑張っちゃうぞ☆
(以前もそんなこと云いながら結局何も変わらなかったがな)



10月14日(木)
テスト始めです。
帰宅が早めなので更新も早めです。
今とっても眠いので、これが終わったら早寝です(もう既に眠った状態になりつつある)

・努力は大切なのです
人は努力や苦労を忘れて生きてはいけないのです。
努力をする、苦労をする、
それがあってこそ、挫折もするのです。

それは過去から現在、そして未来へと受け継いでいくべき
永久不変の原理なのです。

世の中は豊かになりました。
なりすぎたのです。
その結果、
人々は惰眠を貪るようになりました。
横着することを覚え、怠慢を気にもとめず、
ただ、楽に暮らそうと考えつづけてきたのです。

しかし、その陰には
多くの人の努力と苦労があることを忘れてはいけないのです。
たとえ結果として
人の生活の中に怠惰が生まれたのだとしても、
その過程である、人々の努力と苦労を否定することは出来ません。
いや、
そうすることが出来ない事実は
今という豊かな時代を生きる者だからこそ判り得ることの筈なのです。

世の為に何かを残せとは云いません。
しかし、何かをなし得る努力と苦労は忘れてほしくはないのです。
他人の為でなく、自分の為にも・・・。


そう、


例えば、



テスト勉強にかける努力と苦労だとか・・・。




























(泣)



10月15日(金)
テスト二日目お疲れ様〜、てなことで。
昨日の教科が英語Rと現国。
今日が日本史と英語Wr.。
まぁ何れにしても・・・・(死)

・威風堂々たる態度で
自分に自信を持つことは大切です。
満足するのではありません。
自信なくしてアイデンティティは確立されないのです。

人間、必ず一つは取柄があるものです。
自信を持ってこれだと云えることがあるのです。

「自分には取柄なんてない」
そう考えることが個人を欠落させていくのです。
誰にだって出来る。
それが当然じゃないですか。
人間に真新しい何かを生み出す力はありません。
自分に出来ることは、他人にも出来る。
この当たり前の原理は、その逆も然りなのです。
それで良いではないですか。

数学のように、
答までに幾通りもの道があっても、
結局最後はたった一つの場所にしか辿り着きません。
人の道も同じです。
どんなに遠回りになっても、
結局最後に自分の着きたい場所へ着ければ良いのではないのですか?

その為に必要不可欠なものは何なのか。
それが自信だと思うのです。

流されてはいけません。
歩みを止めてはいけません。
自分を大切にするのです。


そう、


例えば、



テストの問題用紙の空きスペースに堂々と落書きをする自信だとか・・・。



































教師の目が気になるのです・・・。



10月16日(土)
テスト終了〜。
本日の科目 古典 数学。
古典に関してはテスト範囲を間違えていて
急遽今朝やったというアクシデントもありながら・・・(死)

更新せずに眠ってしまった。
不覚。
ですから今更新。
只今a.m1:52。

・判らなくなってきました
自分の周りで判らなくなってきたもの――子ども。

子どもというものは判りませんね。
子どもと聞けば無邪気といったイメージがあるのですが
最近はそうとすら思えなくなってきました。

生意気・・・これも子どもの特権だといいます。
しかし、それとは違った憎たらしさ。
何れにせよあたしは子どものソレがあまり好かんのですが・・・。

ませている、と云えばいいんでしょうかねぇ。

例えば化粧というような風潮は些かついて行き難いものがあります。
自分の素顔が判らなくなるくらいベタベタに化粧した顔でないと、
女の子なら外に出れない、
男の子なら納得できない。
世の中変わりつつあるのですね。
あたしには理解できませんが・・・。

井ノ上の妹もお化粧やらがお好きなようで、
出掛けるときは常に自分を見立てております。
この先妹とは絶対、嗜好は合わないだろうな。

妹は中学生なのですが、もうそういうことに目覚めています。
いや、さっき云ったような、自分の顔が判らなくなるくらいってのはしてないですが。
今は受験前ということもあってか、禁止状態。

井ノ上の場合は逆に化粧しろと云われます。
あたしももう高校卒業すれば大学生・社会人なわけですよ。
だから今までよりももっと自分を魅せることをした方が良いのだそうです。
まぁ、あたしはそれを拒否し続けているのですが。

殊に、相手が母というのがまずい。
無論、妹も敵なんですが、母も化粧しろと迫ってきます。
妹だけならいい。まだかわせる。
問題は母だ。この人を説得する術は持ち得ていない。

以前もそうだった。
妹の化粧道具箱の中からマスカラを発見してきて
無理矢理塗られたことがございまして、
「睫毛長い〜」「きれい〜」とか誉めたくられてましたが
全然嬉しくない。
更におぞましいのはその後の風呂でした。
忘れてそのまま普通に洗ったらとんでもないことになりました。
目の周り真っ黒になって怖かった。とても怖かった。お化けかと思った。


そんなこんなで(←ワケ判らねぇよ)
何が判らないのかと云われれば、子どももそうなのですが
子どもと大人の境界線(とかいうエロ本でもありそうだ)ですね。

今回、井ノ上がどうしてこんな話をしだしたかと云いますとですね。

今日すごく気持ちよくお昼寝していたところを妹に叩き起こされて、
急いで和室に来いと云うから何かと思って行くと、
遊びに来ていた妹の友人が持ってきた某マンガのキャラソンを聴かされました。

それがまた・・・、
歌い手は子役(中3)の筈なのに必要以上の色気のある曲で
聴いてる途中、悪寒がしました。
しかも妹らは曲をセットしたらいそいそと和室を退散しやがりまして、
あたしはソフトに軟禁されて一人で聴かされました。
在りし日の、バイオハザードを暗い個室で一人でやれ、って云われた時くらい有り得ない。

歌詞の中に
明らかに異性を思わせる「あなた」と
アレな雰囲気を醸し出す「夜」という単語が繰り返し出てきてて、
ひぃぃぃ!
そないな歌、唄うなよクソガキぃぃぃいぃぃいぃぃぃぃぃい!!!

普通なのか!これで普通なのか!?






判る人には判りますよね、キャラソンの正体が・・・。
敢えて名前云わないけど。
因みに発売日は昨日です。誕生日記念らしいですよ。
もうぶっちゃけてますね。

井ノ上はこのキャラ、どっちでも良いんですけど(ってか、マンガ自体どっちでも良い)
寝起きに聴くのは最悪でした。
こういうのに免疫もないことですしな・・・。



10月17日(日)
昨日はえらい失礼ぶっこいてスミマセンでした。
興奮してたわけでもないのに・・・。
テヘッ☆(反省してないだろ?)
いや、本当スミマセンでした。

・一句詠みます
今日、妹とカラオケに行ってまいりました。
3時間ということで、他を誘わずに二人で。
結構いけるもんですね。
妹と二人で遊びに行くことってここ最近になってから頻繁になってきたかな。
いや、そうでもないかな。
以前は兄とよく出かけたもんですがね。

はぁ・・・。
とにかく昨日で中間考査も終わったということで
かなり気を抜いてるわけなんですが、


・・・・一週間前なんですよ。


何が?
何がって?


入試が。面接が。


そうそう気も抜いていられないな、と。

今朝、自室のベッド(2階)の中でぬくぬくやってたら
階下から祖母が
祖母「岬〜。おらへんのんか?」
朝から何処出掛けることがあるんだよ、とか思いながら
岬「おるよ〜」
と返事。

祖母「受験票きてるよ



ここで一句。

えぇ!!マジで!!?
云われてみれば
あともう一週間したら本番なんだなぁ。
早いもんだなぁ。
これで決まると良いなぁ。
物思いに耽る秋の夕暮れ。






























字余り。
余りすぎです、井ノ上さん。



とにかくまぁ、
こんなことやってる場合じゃないよね☆
※緊張しています※



10月18日(月)
またアニメ「ブラック・ジャック」観てました。
子ブラック・ジャックが可愛くてお気に入りです。
あと、前に見忘れていたエンディングも観ました。
あのピノコは可愛らしい、うん。

・年齢詐称疑惑
・・・えー。
井ノ上岬はフケ顔です。
自分でも気付きませんでしたが、どうもそうらしいのです。

運命の転機は17歳のある日、犬の散歩時。

あんまりにも暇な日があったものですから
夕方頃に一人で犬の散歩に出かけたことがありました。
その途中、小学生の女の子二人と縁があって一緒に散歩することになりました。

暫く喋りながら歩いていると
女の子A「なぁなぁ。お姉ちゃんっていくつ?」
と訊くもんですから
岬「ん?17歳やで」
少女A・B『えっ!?










いや、「えっ!?」って・・・(泣)
その夜は涙で枕がぐっしょりいくのを覚悟したものでした。

その後「二十歳過ぎてるんかと思ってた」と云われまして、
そのことを母に告げると
母「あぁ、そうちゃう?
                    訳)あぁ、そうなんじゃないか?











「あぁ、そうちゃう?」って・・・(号泣)
その夜はこの身が枯れ果てることを覚悟したものでした。


そんなときめきメモリアルを持つ井ノ上なのですが、
10/10に行った散髪で、
腰手前ぐらいまであった(らしい)髪を
背中辺りまで短くしたところ・・・。

母「(願書に貼る用の写真見ながら)あんた、ようやく子どもみたいな顔になったよ
と、お墨付を頂き、
更にクラスの子から、

クラスの子A「髪切ったん?若くなったな!
と、云ってもらいました。

ありがとう。
中途半端に嬉しかったです。



まぁ、何はともあれ、
晴れてあたしも10代を名乗っても相応な容貌になったわけですね。
HAHAHAHAHA!!!















さて、ここで一つの戒めが生まれました。
恥ずかしがらずに腹の底から大声で叫んでみることにしましょう。














せーの





















これで終わったと思うなよ?

ソウデスネ。
コレデ終ワリダナンテ、全然思ッテマセンデシタヨ。

本日、またこの間とは違うクラスの子に

クラスの子B「髪切ってんな〜」
意味もなく照れ笑いする岬。
クラスの子B「なんか、すっごい“お母さん”って感じになったよなぁ








・・・はえ?

岬「いや、でもな、髪切ってから“若くなった”って云われるようになってん」
クラスの子B「えぇ?」












また老けた
そんな井ノ上
17の秋・・・
      〜涙で枕を濡らす夜〜←タイトル



10月20日(水)
昨日の日記、サボりました。
妹の勉強に付き合ってやっていたら眠くなってきてしまって、
風呂入ったのも24:00前。
体が無理だと判断したんで寝ました。
どうもすみません。
ところで、最近かなり甘いものを欲しているのですが
疲れているんでしょうか?

台風23号のおかげで警報が出て午前のみで学校が終了。
早く帰ってきました。
台風による休校は今年、これが初めてです。
あんなに来ていてこれが・・・。

・腐腐腐・・・
井ノ上が、自分自身腐っていると思う瞬間。
それは、これまでに幾度とありました。

しかし、所詮は17歳の戯言ですね。
生きていれば必ず今の記録を超すものが出てくるものです。
例えばそれが他人であったり、
勿論そう、自分であったり。


10/6に上げさせていただいたうち学校の古典教師。
今日も授業があったんですが
相変わらずの公務員っぷりに脱帽ですよ。(※誉めてます)

ところであの先生、
話しているときに左手を腰にあてる癖があるようです。
(他にも手を擦り合わせたりする癖もあるっぽいです)
今日その先生を見ていてふと思いました。

それから暫く先生は教壇で進路指導の話をしていたんですが、
その話の間もずっと左手は腰。
んで、その格好で(無論、いろいろ動かしてはいたけれど大概は左手が腰)
とある生徒の体験談を話し出しました。
ずっと聞いていると、途中、「電話がかかってきた」というのがあって
それをジェスチャーして右手を耳元に・・・。












!?
左手が腰、右手が耳元・・・。
せ、先生!それってまさか・・・!!











































セクシービーーーム!!!!

※男の、しかもお年を召された(もうすぐ定年らしいです。そんなに見えないんだけどな)方です。





余談。

あの先生に問題あてられると
答えが判ってるのになぜかしら不安になる。
あたしがそれに慣れていないからなんだろうけど
何故?



10月21日(木)
あぁ!なんだかんだでもう21日ですか!?
ヤバイですよ、ヤバイですよ!
もうすぐ井ノ上の生死を分つ日がやってきますよ!!
・・・って、今日話してました。
あと3日もすれば受験です。

・何のために光は必要であるか
太陽の光。
それは、我々、生命を生かす糧となる神掛かり的な存在。
実際体験したわけではないので何とも云えないが、
生物は太陽なくして生きてはいけないと考えられており、
それはそうだと思える。
固定概念だ。
しかし、人は疑うことなくそう信じ続けてきた。
そしてこれからも・・・。

太陽の恩恵を受けたものは植物を起源とします。
この世が出来上がったとき、
何より早く生息していたのは植物ですからね。



ここで少し話は変わるのですが・・・。

井ノ上が学校へ通うための通路に商店街がありまして、
そこは屋根がついてるんですよ。
割かし広くて、長くて、天井も高い。

その屋根なんですがね、
何のかは知らないのですが、時々工事の為に開けられるんですよね。
雨の日は流石に考慮するのか、
少なくともあたしが知ってる限りはしないんですけど、
よく晴れた日は、そこから青空が覗くわけですね。
それほど良い景観とは云えないですが・・・。

今日も開いてました。
台風一過の空はキレイですね。

あたしの前を歩いていたカップルもその天井に気付いて、

彼女「あ、上開いてる〜」
彼「ホンマや」
彼女「何で開けてんねんやろうな?」
彼「アレはな、光合成する為やで」
















!?
なんだって!?

光合成――緑色植物の葉緑体中の葉緑素が、太陽の光エネルギーによって二酸化炭素と水から炭水化物と酸素を作り出す働き。


もしやと思い商店街を見回してみるが
床はコンクリート固めで草らしきものは生える余地がなく、生えていない。
と云うことは、これは植物に向けられた光合成ではないということになる。
では誰の為なのか・・・。

商店街を利用するもの。
商店街で店を構える者。
その他、通りかかる犬猫。

明らかに動物の類専用であることを示唆しています。












ここで云わせて頂きたい。














彼女さん。
彼のその言葉に「あ、そっかそっか!」とか云わないの!!



ビバ!日光!!!(ヒャッホーッ!)



10月23日(土)
昨日のあたしの状態をRPG風に言い訳します。
(マップ画面で勇者岬が歩いている)
睡魔が現れた。
睡魔の先制攻撃。睡魔は眠りの呪文を唱えた。
睡魔「$*"%〆ヾ×+£¢§∀♪Ω」※呪文
勇者岬に眠気が襲いかかった。
勇者岬は眠いのを堪えている。
勇者岬の攻撃。ミス。
睡魔は様子を見ている。
勇者岬の攻撃。ミス。
・・・・・・・・
勇者岬は力尽きた。(11:30頃)

どこかであたしを呼ぶ声がする。
*「おぉ、眠ってしまうとは情けない」
勇者岬は目を覚ました。(6:00きっかり)

そんなワケで、
昨日は猛烈に眠かったのです。
最近、ちょっと仕事が多くてパソコンいじる時間が激減してます。
ここの更新が不定期ですね。
申し訳ない。

・大丈夫!
はぁ・・・。
何もかもやる前から落ち込んでいます。

自分はもう駄目だ。
このまま消えてしまいたい。

根が暗いヤツだから思い込むと何処までも落ちていきます。

いけないことなのです。
そんなことは。
だからそんな時は思い出す言葉があるんです。

井ノ上の高1のときの担任教師が日直日誌の「先生一言」欄に書いた
「何でもやる前から諦めてしまうのはつまらん」

あたしはこの言葉が大好きで、
ことを進める前に不安で押し潰されそうになったり、落ち込んだりしたときは
いつも頭に思い浮かべます。
やはり不安は残りますが、不思議と頑張れる気もします。

だから今度も頑張ってこようかと思うんです。

明日、大学受験行ってきます!!

かなりドキドキしてます。
すげぇ緊張。
前日からかなりヤヴァいモード全開。
自分がちゃんと正常に動いてるんだなぁと実感する瞬間。

・感動と絶望は隣りどうし(あなたとあたしさくらんぼ)

女、アニメに絶望。

本日、初めてアニメで「テニスの王子様」を観ました。
妹が単行本集めていて、ハマってるから
その影響もあってあたしも原作知ってるんですが、
やっぱり無理あるな、あの迫力は。
見事なまでの勢いの無さ。
「ボボボーボ・ボーボボ」くらい絶望。
※後者の作品のアニメーションはキャラがきれいで可愛くなりすぎだと思うのです。
作品自体はどうこう云ってません。云いません。よく判ってません。

女、テレビに感動。

井ノ上家の現象。
井ノ上宅周辺地域は雨に忘れられていると思うくらい雨が降らないが、
ここ最近、電波にも見放されていると思う。
その根拠。
奈良テレビがうつらない。※井ノ上宅は奈良県にあります。
チャンネルを合わせるとほぼ砂嵐。
辛うじて声がする程度でバリバリのノイズ。とても鬱陶しい。
良いもん。京都テレビは超きれいだもん。
が。
実は今日観たアニメ、奈良テレビなんです。
岬「うつった・・・奈良テレビがうつったよ!!
(拍手喝采。感動の嵐)

チャンネルぴこぴこ変えてたら行きつきました。
観る気無かったのに・・・。
やっぱりアニメで足を止めるのは性でしょうか?(井ノ上はアニメならその作品を知らなくても最後まで観る人)



10月24日(日)
難波ウォーク歩いてたら
非常用シャッター手動閉鎖装置の小さなプラスチック製のプレートに
「す SH」
って書いてありました。
い、意味が判らない・・・。
(プレートが欠けていただけです)

・面接
大学試験に行ってきました。

面接です。
もうドキドキドキドキしっぱなし。
緊張しまくり。
終わってから自分何云ったか全然覚えてません!
記憶喪失でしょうか?


はぁ。
とりあえず終わったてことで、後は結果待ちです。
それもドキドキ。
10月終わりに来るようですね。

よし!
今日の面接を思い出せるだけ思い出してみよう!

・受験者控え場にて
そわそわとして
きょろきょろとして
びくびくしてました。(超変質者)

・面接本番
各ブースに分かれて試験者と面接官、1:2。
あたしの面接は11:35くらいから始まりました。
面接官「おはようございます」
岬「おはようございます。どうぞよろしくおねがいします」
面接官「では、貴方の受験番号・氏名・出身校を云って下さい」
岬「はい。受験番号(←185012)は、じゅうはちま・・・!?」



























かんじゃった・・・。

受験番号云うだけでかむなよってな。
はは、笑ってやってくださいよ。
笑ってって!
ねぇ!!
頼むから!笑ってよ!!

・面接中
幾つかの質問が続く。
あたしが今回受験した学科はバリバリの国語科です。
面接官「(願書見ながら)昔から字を書くのとかお好きなんでしょうね。字とか書き慣れているみたいできれいですし」
岬「あ、いえ、そんな・・・(照れ笑い)」


























ごめんなさい。
白状します。
あたしの字ではありません。

願書書くと決めた時、
自分で書くつもりが父に書いてもらうことになりまして・・・。
したがってあれは
父の字でございます(土下座)



もう・・・駄目かも知れない・・・・。

ねぇ、笑ってよ・・・(泣き崩れ)



10月25日(月)
今日は宗教行事で学校が早く終わりました。
四限40分授業て・・・。
小学校の短縮授業と同じです。

・心を静めて・・・
18年前のこの日、あたしは生を受け、この世に誕生いたしました。

苦も楽も味わい、
涙を流し、挫折を覚え、多くを諦め、
そして沢山のものを手にしてきました。

少しずつ少しずつ、
考えながらゆっくりと歩んできた道。
歩んでいく道。
立ち止まることも、躓くことも、振り返ることも大事と知りました。

たとえ間違えだらけの道だとしても
決して自分を忘れることなく生きていきたいと
初めて考えたのはいつのことだったでしょうか?

長いようで短いこの年月。
井ノ上岬は18歳になりました。


考えてみると運命とは数奇なもので、
ここでこうしていることもとても不思議に感じられます。

こんな風に絵を描いたり、HPたてたりするなんてこと考えもしませんでした。
そして、それを通じて
絵を描く友達が出来たり、同人を知ったり、同人仲間が出来たり。
本を作るとか、インターネットで自分を紹介するとか、
なんでこんなに楽しいって思ったんだろう?

まぁ起源はともかく、出会えてよかったと思えます。

たった18年の間でさえ、そこから一つまみの年月。
井ノ上岬は変態になりました。

Happy Birthday 罪.
           (To Me)



10月26日(火)
すいません。
昨日のは宗教行事で早く学校が終わったワケではありませんでした。
今日が宗教行事でした。
午前で終わって、友人とカラオケに行ってきました。

・想像してください
まぁ宗教行事ということでですね、外であったんですよ。
雨の中、外で。
狭苦しい列になった背もたれの無い長椅子に4人腰掛けて、
傘がぶつかり合うからボタボタに濡れて・・・。
最悪でした。

始まる前、相変わらずよく降る雨の中で、
後ろの列から女の子のこんな話し声が聞こえてきました。

女の子1「昨日さ〜ほら、行ったやんか?」
女の子2「昨日?」
女の子1「そうそう、ほら、あの・・・“シカゴ”!」








えぇ!?マジで!!?

女の子2「あぁ、はいはい」
女の子1「それからな、家帰って、もう一回行ってん






えぇ!!?マジで!!!?






























ピザ屋かよ・・・(そりゃそうだろう)



10月27日(水)
今日は学校が休みでした。
2日連続カラオケ!に行ってまいりました。
何やってんだろ、あたし・・・。

・昨日のことで・・・
記憶喪失。
以前、そんなことをここで紹介したことがありました。
あの時の原因はぶっちゃけると眠気です(んなこたぁ判っている)

さて、その現象はかくも恐ろしいもので、
他人に起こった事象を目の当たりにしました。


被害者は井ノ上の妹。

昨晩、妹は井ノ上の部屋にやってきて
妹「ウチも一緒に寝るぅ!」
と、ベッドに潜り込んできました。
あたしも機嫌が良かったので、良いよ、と簡単に承諾。

妹は何となく眠たそうにしていたのですが、
発音はしっかりしていたのでまぁ良いかと思っていました。

井ノ上の妹は決して常人ではありません。
しかし、昨日ばかりは流石の井ノ上もびっくらこきました。

暫くぐだぐだ喋っていると、
ヤツは“よしんば”は地方の方言だと云い出しました。
しかし、井ノ上はそこで
岬「いや、“よしんば”なんて、辞書にも載ってるで?」
何度云っても聞かない妹。
仕方が無いので辞書で引いてやりました。
それでも聞かない妹。

これはおかしい。
こいつは完璧に取り憑かれている。
ここで眠られるのも面倒だと、部屋に帰しました。


そして翌日。

岬「お前さ、昨日はどうしたんよ?」
妹「は?なにが?」
昨日の一部始終を話す(その他にも色々ワケの判らないこと云ってました)

妹「はぁ?何それ?全然知らんし





眠気は怖いんだよ・・・。



10月28日(木)
連日遊び呆けていた所為ではないと思うんですが、
不肖、井ノ上岬、学校で倒れることが多くなりました。
心配してくれる方もいるようで
その方たちには大変申し訳ない次第であります。
でも、原因の中には不摂生は少なからず絡んでいると思います。
はう。

・下ネタだと思ったら腐ってますよ?
今回のは読む人によっては下ネタです。
とにかくワケが判らなかったらここで読むのをやめることだね!!(何故か偉そう)


某ラーメン屋のCMで流れている歌です。
非常に気になる歌詞ですよ?





♪夜中に食べたらピンピンピン♪


























キャーーーーーーーーーーーーー!!!!!
何がピンピンなんですか!?
ってか、たべるんですか!?


井ノ上はこの歌の本意が判っていません。
ひょっとしたら聞き違えているのかも知れません。
とりあえず(図らずも)こんな風に受け取ってみました。


・・・・判ったよ。
なじればいいだろう?
罵ればいいだろう?
もう好きにしなよ!!

※平然と書いているように思えますが、実は非常に恥ずかしいです。
羞恥心はまだあるようです。
でも井ノ上は変態であることは変わりません。
寧ろ際立ちました。



10月29日(金)
学校を走り回る女、井ノ上岬。
・・・校舎の端(井ノ上の教室がある)から端まで行かないと会えない先生に
渡さなければならないものがあって、駆けずり回ってました。
疲れた・・・。

・気持ち悪い・・・
今、日記書いてる隣で妹が怪しげな動きをしていて、
怖くてウザいです。何かの宗教か?

目に付くものをいちいちポーズとりながら嬉しそうに口にするし、
普段では有り得ない声出すし・・・。
今、ビーチボール膨らましてますよ(←兄の

最早ウザいです。

すっげーご満悦気味。
一人でビーチバレー中・・・。

ぶつけてくるなぁぁああぁぁぁぁあぁあ!!!!!


異常以上です。



10月30日(土)
今日はもう、何も云わないでただひたすら喜ぶことに決めました。
更新予定だったネタも忘れます。






























いたしました。
合格通知が届きました。
特待生制度も一番良いので通りました(←入学金及び一年間授業料半額免除)
これでこのまま何もなければ井ノ上は来年4月から
女子大生です!

おめでとう、あたし。
とりあえず良くやった!


これから受験という方は頑張ってほしいと思います。
実はこの通知、学校にいるとき母からのメールで知ったことでして
クラス中で喜びを叫んでしましました。
まだ終わってない人もいるのにね。
不謹慎でした。云った者勝ちと云う意見もあるが・・・。
井ノ上の友人もこれからです。
頑張って!
井ノ上も、
努力はしないですが、みんなの進路が決まるまで気は緩めませんから。



今日はギャグはナシです(←某ポットのCMか!?)



10月31日(日)
10月も最後ですね。
受験もあって、今月はハラハラ☆ドキドキの月でした。
って云うか、
こんなに待ち遠しくない誕生日(←10/25)も初めて(※10/24は入試でした)で、
自分の誕生日忘れたのも初めてでした。
後者の方は、同じことをやった人が井ノ上の友人にいて
本当にこんなことあるんだなぁと感心しました。
良き経験をした月だ。

・あたしの予定
まだなんか実感湧かないんですが
あぁ、大学決まったんだなぁ、とぐっすり眠っていた今朝。

と、父が井ノ上の部屋のドアを開けて入ってきて、
父「お前、今日学校行くねんやろ?


はい?

岬「行かないけど?」
父「あ、そうなん?」

何を寝惚けているんだこのクソ親父は、と思いながら再び眠りにつく井ノ上。


それから昼食時。

母「岬、あんた今日学校行くんと違うん?



はい??

岬「いや、行かへんけど?」

段々と不安になる岬。
頭の中で今日の予定をチェックするが、そんな予定らしき予定は考えつかない。
やはり皆の思い違いでは?

そこへ2階から降りてきた兄が、

兄「岬、学校行くねんやろ?送ったろか?






























消沈。

小動物はプレッシャーに弱いのです。

無いです。
予定なんて・・・。
日曜に学校へ行かなくてならないような予定は入れません(泣)

でも未だに謎。
何で皆そんな風に云うんだろ?
ひょっとしてあたし、今日何か予定入ってたんでしょうか?

謎です・・・。