×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9月1日(木)
二日も日記をサボってしまいました。
ノルマは・・・クリアできそうです。
やっぱり一本は落とすっぽいですが。
とりあえず、頑張ったので・・・・・多分。

・京都へ行ってきました(お土産の名前風)
井ノ上岬、ペンを放りました。いつも通りに。

映画観に行ってきました。
京都に。
一人で。

前々から観たかったんですよ。
でも誰も誘いに乗ってくれなかったんですよ。
そうこうしているうちに
奈良での上映が終わっちゃったんですよ!!

だから最早身内狙いで、
連れてって下さいよ〜。京都の映画館なんて新境地ですよ〜。迷うこと必至ですよ〜。
と懇願したところ
やっぱり誰も付いてきてくれなかった!!(泣)

良いですよーだ。
一人で映画行くなんて初めてのことじゃないですし(2/2参照)、
一人で行くのが嫌だったのは、一緒に迷ってくれる人がいないから
とかいう理由だけでしたしね。


観てきた映画は
ホラー?ミステリー?民俗?
とかそういう系統のでして。

まぁ決して明るい感じのモノではないです。

だから映画内で使用される音楽も
怪しげな感じといったら良いのか。

9月の1日だというのに、結構人が入りましてね。

でも大概は上映時間5分前とか10分前に来るもんですから、
一人でやることのない井ノ上は
一足先に映画館にて着座、持ってきた本を読んで過ごしていたわけです。

ちょっと早いだけでシアター内、人少ないです。
井ノ上のお目当ての映画の上映場所は建物地下二階でした。
電気ついていても暗いです(窓ないですからね)

映画館は上映前の時間、音楽を鳴らすのですね。
長く行かないのでそんなこと失念しておりました。

かかっていた曲、映画での挿入曲。

井ノ上は云いました。

決してるい感じのモノではないです。

映画内で使用される音楽も
怪しげな感じ・・・

ちょっと早いだけでシアター内、人少ないです
井ノ上のお目当ての映画の上映場所は建物地下二階でした。
電気ついていても暗いです(窓ないですからね)






















































怖いがな。

止めれーーーー!!!
殆ど人のおらん、静かにして暗い、自然とそんな意味深な場所になった此処で
しんみりとした曲を流したら怖いじゃないですかッ!!

あたしをビビらしてどうするんですか!!
※井ノ上岬はビビリです※

うんまぁでも・・・。
しかと映画は観てきましたけどね。

やっぱり映画は
原作読む前に行ったほうが良いですな。

内容全部を二時間やそこらに纏め上げるのは
やはり苦しいようです。

井ノ上が時間を割いて(サボって)を繰り返すことで
二、三日かかって読んだ箇所が
映画開始僅か十五分程度で終了。

そしてよく考えたら
井ノ上が時間を割いて(サボって)を繰り返すことで
一週間近くかかって読んだ本は
僅か二時間ばかりで終了。

まぁそれが嫌なら本読むの止めるか、
映画観に行くの止めるか、ですね。

満足と云えなくも、面白かった・・・かなぁ?
でも削って欲しくない台詞が幾つもあったのは心残り。



9月2日(金)
修羅場です。

本作りに勤しむ毎日。
改めてそんなコトを云うのはこれが初めてのような気がしますが、
製本日まであと三日と迫っております。

それにつけても
未だ井ノ上の完了段階は下書き、ということでですね、
ここより、
ペン入れ、ゴムかけ、ベタ入れ、トーン貼り、写植。
※因みに16ページです※

その他にも、
合同誌を計画しているので
ページ合わせだとか掲載順決めだとか。

そして恐ろしいことに、
表紙・裏表紙・タイトルはまだない。我輩は猫である。

・・・・・。

同じ修羅場に立った仲間がお泊りに来るのですよ。

だから今夜は徹夜気分で!!(気分?)

遅くまで起きてるなんて、
最早慣れっこだぜ☆

それにしても
最近そんなコトをしていなかった所為か
徹夜も苦になりました。

昔は〆切三日前の睡眠時間が三時間でも
全然構わなかったのに・・・。

皆さんも、
体を酷使させるなら若いうちが良いですよ☆
全盛期が特に!!




そういえば小説アップしてしまいました。
深夜に。
どうしてもペンから離れたくて(おいおい)

大変迷ったんです。
と云うのも、
一応、井ノ上が心のうちに温めていたネタなのですが、
とある作家さんが同じようなことを云ってるんですよね、これが。

勿論、井ノ上なんかより
ずっとずっとお上手に表現なされているから
バレないかな?なんて甘い考えにもとに至ったわけですが、
万が一、お気づきになられた方で気分を害された場合は
こっそりメールを下さい。
直ちに撤去いたしますので。



9月3日(土)
修羅場です。2

お泊り最終日。
※昨日日記をサボった理由に当ててください※

二名来ていたんですが、
おうちの都合でどうしても帰らなくなってしまった方がいて、
結局お一人宿泊で。

徹夜で頑張ろうとのことでしたが、
どうにもお互い弱音が絶えなくて・・・。

ある程度のところまできて
寝ちまいましたよ。
丁寧に、お布団敷いて。

お昼から友人も集まって、
黙々と(ではなかったんですが)作業開始。

それにしても皆さん早筆で羨ましい限りですよ。

井ノ上は遅筆の雑っちょの下手っぴなもんで・・・。













さ、最悪じゃないか・・・!!?

むふ。
結局終わらず。

両面コピーにも行こうと思ってたんですけど
無理になってしまったんで
嵩張ること承知でコンビニコピーのコピー本です。

そして恐ろしいことに、
表紙・裏表紙・タイトルはまだない。我輩は猫である。

各自、製本日までに揃えてくるということで。

因みに枚数も足りなかったので
無理云って増量計画を承諾していただきました。

完成はする予定なんで。

これからトーンでも貼ろうかと思います。



9月4日(日)
高校のときの宗教関係の行事に参加してきましたよ。
参拝とか懐かしいー!!
卒業以来、あまり行かなくなってしまったもんで。
好きなんですけどね、あの場所は。

・BL受け攻め萌バトン
友人からまたバトンが回ってきたっぽいので。

たまぁにバトンを回してくださると、
どうしてこうも答えにくいものが・・・!!

BLなんて判りませんよ、あたし。

ちょびっとばかし書物でかじったくらい(実際に生で見ることは稀だと思うが)で
お答えに瀕するかもしれんですが・・・。
偏りのある答え多めですことをご了承の上、
読まれる方はお読み下さいな。

まだまだ修羅場続いてますけど、
書くことにします。

えっと・・・。

あ。
あたしは“攻め”らしいですよ。
言葉攻め。
口から先に生まれてきたんでしょうかね。
逆子ではなかったらしいので、
拳(手か)から先かと訊かれれば、
口からのが先であるには違いないですがね(そういうことを云ってるんじゃない)

●好きなシチュエーション
・・・・・んーんーんーんーと(ハミング?)
BLが、というよりは、全般的に見て、
“強引な攻め”がどうも好みなようですよ。

井ノ上の萌カップルの必須条件は身長差にありまして、
高い攻め、低い受け、と
割と一般的ですよね(多分)

攻める方は強引で不器用さんだと良いですね。
受ける方はその強引さに戸惑っててくれると良いです。

年齢差にうるさいのは、きょうだいモノなのですがね。
でも特に兄妹であって、兄弟ではないのでカットの方針で(じゃあ書くなよ)

親子関係だと
パパと息子、母と息子(言葉の選びには作為あります)
父子・母子共に子どもは男の子が良いです。
あれ?シチュエーション?

●貴方が萌える台詞は?(攻め・受け)
・攻め
   巧みな論述で、え?それ愛情表現だったの?みたいな
   的外れのプロポーズの言葉が延々と続いてくれたら良いかも知れない。
   名付けて、愛の演説(名付けないで良いって)
   もしくは、反論を許さない尤もな(屁)理屈を一言だけズバンと。
   名付けて、一撃必殺 愛の言葉落とし(もうワケが判らない)

・受け
   相手(攻め)を見下すくらいな冷静さを持ってして
   コトに及んでくれる人をプッシュしたいと思います(?)
   あ、いえ、行動ではないのですね。
   強気で誘うような、それでいてヘタレのような、そして強がりで見栄っ張りのような。
   なんだか注文が多いようですが。
   “プライドが高い”とは少し違うですが。

つまりまぁ、冷静にモノが云える人が良いですね。
受け攻め何れかが理屈屋であってほしいです。
ただ、井ノ上は攻め志向なので、偏るならそっちで。

●貴方が萎える台詞は?(攻め・受け)
・攻め
   “愛してるよ”とか“大好きだよ”とか、ズバリなのは駄目ですね。
   上記の、愛の言葉落としはこれじゃあ駄目です。
   駄目駄目のちょんです。
   まぁこれは萎えるというよりは、恥ずかしいに近いです。
   だからナルシストが吐く台詞も駄目ですよ。
   ただ、とても婉曲的に口説いて口説いて、最終的に
   「そんなわけで愛してるよ」とかってのは萌えます(おそらく)

・受け
   甘えに甘えてる台詞は受けつけないですね。
   元々あけすけて明るいキャラが苦手な性分なので、
   何かにつけてうだぁっとする台詞を吐いたら萎えるでしょう。
   お子様思考でモノを云うやつは駄目です。
   かわいこちゃんよりはかっこいいさんが良いですね。

●思い入れのあるカップリング5つ
カップリングは気にしたことがないのですよ。
友人が云うのを聞いたり、本の情報だとか、サイト巡りとかで、
言葉だけは知ってる感じなのですがね。
何せ(作品に)ハマるって云っても浅いヤツですからね。
すいません。

●次に回す5人(その人の受け攻め明記)
えー・・・・。
回せませんよ。
誰かやりたい人いますか?
いたら連絡下さい。
受けか攻めか判断しますので。
先着5名様です。

いえ、今まで通りに無視しといてくれたら良いです。




はぁ。
こんなにも答えが無茶苦茶なバトンはなかったですよ。
回してくれた友人様に申し訳ない。

BLとか受け攻めとかカップリングとかじゃなく、
萌える台詞、萎える台詞とかだと
幾分マシな回答が出来るような気もしますが。

井ノ上はどう頑張っても女なのでBLはなりえないのですが、
いつか井ノ上が好む愛の告白(寒いわ)を
何らか言葉にしてみたいと思いますよ。

誰か実践してくれることを願って!!自分でやりなさいな。



9月5日(月)
今朝方五時過ぎまで原稿やってました。
何せ〆切・製本日が今日だったもので。

だけど台風の影響下、
お天気がどうなるか判らないうちに外出するのは
賢くないということで、
急遽メールで延期の旨を知らせました。

いきなりなことで、承諾くださってありがたやありがたや。

そんなわけで、
適当に仕上げた原稿の手直しと
追加の原稿と表紙と、
次の〆切までに大急ぎでやりたいと思います。

本当、早筆には憧れますよ。


井ノ上のこのノロマの所為で
沢山の方に大変ご迷惑をお掛けしております。

他での企画待ちの方も
もう少しお待ちを。

キリ番取得者の方なんて
もうどんだけ待たすんだよ、みたいなね。

申し訳ないです。

井ノ上の超特急など
所詮は各駅停車ですので。

グスン。



それにしても今日は寝すぎちゃった(てへ)



9月6日(火)
出掛けたら雨が降りました。

近所のコンビニエンスストアに
振込みをしに行くのに自転車で出掛けたので
そりゃもうずぶ濡れで帰る結果に。

そして約束通りに
家に着いたら止みました。

こんなにも基本に忠実な人生
井ノ上は誇りにしようと思います。



とりあえず、
手抜きを通し抜いた一本目のマンガは
手直しを終えました。
終えても手抜き感が否めませんが。

あんまりにも手を抜きすぎて、
背景が白く、トーンばかり使っていたら流石にあからさまかと
今更ながらに気を使って、
パースを糞ほども考えずに適当に背景を入れたら
豪いことになってしまいました。

やっぱり手を抜くなら
とことん手を抜かないと駄目ですね。

そしてこれから二本目にかかります。

って云っても、
一度は落とすことを宣告したものなので
当初の予定ページである16ページなど到底不可能なので、
ページ合わせの為の2ページです。

実はコンセプトがギャグなのですが、
割とネタが浮かばんものです。

元々オリジナル描きなんで、
版権はネタに困りますね。

オリジだったら幾らでも浮かぶって云ったら嘘なんですけども、
まぁ可もなく不可もなく。

版権モノは
キャラをどう活かすか、ですね。

お風呂に浸かりながら
何となく思いついたワケの判らないネタを描こうかと思ってます。

全然キャラが活きてないんですけども。




人間、大切なことに気付くだけじゃ駄目なんだ。
それを実直に表して初めて評価されるんだよ。
                      井ノ上岬 18歳 夏の終わりに――



9月7日(水)
ネタが思い浮かばないままの今日。

昨日思いついたネタは
絵に起こそうとした瞬間に
これでは駄目だ、とふと我に返っちゃった所為で没に。

妹にアンソロジーを借りて読むも
一生掛かっても出てこなさそうなくらいスマートなネタの数々で。

落としたらゴメンなのです(私信)



ところで
妹が風邪を引きました。

その妹の傍で寛いでいたあたしです。

風邪引きそー!!

〆切ですか?
明後日ですよ。

イベント日ですか?
11日ですよ。




死んでも風邪なんか引くな!!!

ふぁいとぉ!

さて、ネタ出しだ。



9月8日(木)
原稿が届きません。

はい、
先日お話した通り、
合同誌の〆切が延びまして、明日ということになったのです。

しかし、
メンバーの一人がどうしても都合がつかないということでして
井ノ上宅に送ってもらうことにしたのですが、
原稿が届きません。

こりゃまいったですよ。
大変まいったです。

〆切明日ですよ!?

しかもその友人には
合作表紙の第一号書き手も頼んでいるので
表紙の原稿も入ってるんです。
送ってもらうことになってるんですよ!!

二日もあれば届くじゃろう、という読みは甘かったのでしょうか?

明日の井ノ上の出発前に届かない場合アウトですね。

郵便事故も考えない可能性ではないのですが、
どうも不安です。
不安で不安で仕方がないです。

もし本が出せなければ。

とかく、売りに行くというチャンスは
11日のこれ一回しか今のところないわけで、
あとは万に一つの可能性もないに等しい通販でしか。

HPでも通販始めた方が良いかしら、なんて。

とにかく、今あたしに出来ることって云ったら祈ることのみですね。
明日の出発前に届くことを!!

まったくもって無力なもんです。




ところで話は飛ぶのですがね、
HPを変えようかと思うのです。

考えはするのですがね、
このサイトは
井ノ上の人生の新境地第一歩。
記念の記念で、止めたくないんですよ。

だからもう一個立てようかな、なんて。

でも、
何で立てよう、みたいな。

イラスト・小説・日記と、
オリジナル・創作っていうのはこのサイトでこと足りるとして、
じゃあ版権かっていうと
それもどうだろう、って話で。

漫画はまぁ読まないので、
版権サイトやるとしたら小説になりますわな。

あと、可能性があるとしたら
屁理屈サイト。

井ノ上は偏屈さんですからね。
頭の中に溜めてきた何やらを文字に起こして
その評価を得ようとか、批評を戴こうとか。

下らない話ばかりですけどね。

けど云っちゃ何ですけども、
あたしは興味が湧けば
譬えゴキブリの話であれ一日中考えている自信がありますよ。

やれ生態系の自論だ、
やれ生殖能力の批判だ、
やれ起源だ先祖だ・・・何だって考えられますよ。

それをネット上に垂れ流そう公開しようってんです。
















































こら!止めなさい!

普通にお題配布サイトとか
そんなので良いですかね。

たまには人の役に立て、みたいなね。



9月9日(金)
〆切の朝。
ベッドに入ったのが四時半過ぎ。
眠れず、五時を知らせる音を携帯が発したのを聞く。

起床予定時刻、8:00。
目覚める。
すがすがしくない朝。

辺りを見回す。
特に変わった様子はない。
寝ぼけ頭なりに焦燥を覚える。

階下へ。

食堂のテーブルの上を見る。
特に変わった様子はない。
焦りは募る。

外へ出て、ポストに顔を覗かせる。
空であることを確認する。



















































届いていない原稿。

失望。

おいおい、製本はどうするんですよ。
いやいやいやいや、どうしましょう。

届かないうちは出発もままならない。

集合時間は十時、場所は難波駅。

行ったところで何もできない!!


仕方がないので、
郵便局員が配達に来てくれることを願って
時間をずらすことに。

その旨、皆々にメール送信。
朝からお騒がせしてほとほと反省するあたし。

そして再度眠りに入るあたし。

三時に起きる夢を見るあたし(←相当焦っていた)

大きな茶封筒が送られてきて、
「原稿かッ!?」と思いきや、文通相手様で
中身は、配布お願いしますのペーパーの束。

そんなでお茶を濁す一時。

目覚める。
11:30。
寝すぎた?

慌てて階下へ。

様子の違わないダイニング。

ポストへ進路を取る。
玄関のドアを開けようと手を伸ばして、先を越される。

外から開けられた。
犯人は祖母。

祖母の手には何枚かの手紙と大きな茶封筒。

夢から完全に目覚める。

おばあちゃん、ありがとう!!

何故かひたすら祖母に感謝するあたし。

今なら世界中の人に感謝して歩いても構わない気になり、
一瞬にして冷める。

集合時間変更、一時半に難波駅。

その旨、皆々にメール送信。

出発。到着。集合。

仕事ができる場所探し。

表紙作成やら何やら。

製本間に合わず。

代金だけ預かって
残りはあたしがすることに。

本番、明後日。

商品作り、ままならず。



あふぅ・・・。
弱音吐いてる暇なし。

一応遊びの一種とみなすと、愚痴こぼすのも滑稽。
実際、楽しんでいるのでこぼす愚痴もないわけで。

そんなわけでラストスパートです!!



9月10日(土)
本、出来上がりましたぁ!!!

やったぁ!
皆の努力が漸く形になりましたよ!!

朝からコピー行って、
帰ってきたら
ホチキスが無いので買いに行って(高いんですね、でかいホチキスって)
折って、ページ合わせて、予定の十冊分。

途中で
1ページ無い!!(見つかりました)とか、
製本テープ買うの忘れた!!(ホチキス芯丸出しです)とか、
いろんなアクシデントもありましたが、
ちゃんと十冊作りました!

明日は半年以上ぶりに
イベントサークル参加してきます!!

便箋もペーパーも、
そして本も作りました。

やっぱり商品は少ないけど、
頑張って売ってきますよ。





ところで、
本を作ります、っていうことを予告しないまま
本作ってます、みたいな日記書いてたと思うんですが、
井ノ上は友人たちと四人で合同誌を作っていました。

井ノ上のジャンルはオリジナルなのですが、
友人たちと合わせたのは
「テニスの王子様」です。

何だか、大学行くようになって
やたらとこのマンガと関わりが深くなったって云うか・・・。

とにかく
ギャグマンガで描きました。

ペーパーでの通販は一応やるんですけども、
ホームページではまだ考えてません。

でも一応、イメージだけは載っけておこうと思います。

こちら。



それにしても、
昨日のうちに終わらなくって、
結局あたしが一人製本を請け負ったわけですが、
やっぱりみんなで作りたかったな、って気持ちは強いですね。

みんな一生懸命頑張ってもらって描いて、
みんなで完成品を作ったなら、きっとみんな喜んでくれたと思うんですよ。

そう考えると、
ギリギリまで伸ばした井ノ上の計画性のなさったら、ねぇ。

みんなの喜びを一挙独り占めって感じで・・・。
・・・・いいなぁ、おい。


でもやっぱり嬉しいですよね!

一人だったら、こんなにも頑張れませんでしたよ。
すぐ諦めちゃうんでね。

根気のないヤツですから。


さて、
明日の支度の続きでもします。

明日からはグッスリ眠れそう。

とりあえず
昼夜一転した体を元に戻すことから始めます。

そして日記も元に戻します。



















































え?元に??



9月11日(日)
行ってきました!イベント!!
大学の友人と駅で待ち合わせて、
向かう途中で中学の友人と会って、
会場では高校の友人との合同サークルってことで。
成果は・・・まずまず??
アはははは、程度ですが、
それでもちゃんと本が売れてよかったと思っております。
あぁ、製本テープさえあれば完璧だったのに・・・!!

・久しぶりにいってみよう!
イベント会場では、
そりゃあもういろんな人に会いましたよ。

久々のあんな空気を肌に感じて、
出戻り、みたいなで引き続きイベント参加を考えています。

さてさて。

今日は妹も友人を連れて来る、とのことで
会場で合流して、暫くまったり。

そして今日は早めに切り上げて
その後カラオケに行こうということになりました。

完全撤収の30分前にこっちは撤収して、
カラオケに向かうことに。


こちらもまた久々で、
まぁ二時間じゃちょっと足りねぇな、ってなもんでしたけど
楽しかったですよ。

その帰りの電車の中。

割と空いた車内。
妹と二人での帰路。

今日からは
一転した昼夜を戻すことに徹しようなんて考えながら、
今日の戦利品(ペーパーだの何だの)をおっぴろげて(はないのだけど)
妹と対談。

喋っていたら、
突然、別方向から大きな男の子の笑い声が。

声の主を探すところ、
前方に男子高校生二人組み。

笑い声の原因は、
男子高校生Aが男子高校生Bを
膝に乗せるような格好でくすぐっていたようです。


岬「(妹に向かって小声で)見た?」
妹「うん。でも何か、攻めの方の男の子な、鼻に詰め物してた!」

ひいぃぃ!
もう攻めとか云うとる!!

鼻に詰め物→ティッシュ→鼻血→興奮?→事後??






















































ごめんなさい!
何でもないのです!!
特に最後の方とか、特に問題無しです!!!
モウマンタイ

あぁ驚いた。

もう本当、シモネッタ失礼。

とにかく、何だか逃れようとしていた男の子も
何だかんだで楽しそうにしてたみたいですし。

どうぞお幸せに。
(久しぶりにいってみようってコレのことかよ)



9月12日(月)
気が付けば
9月ももう十日を過ぎていたんですね。
16日から一泊二日で学科の旅行ですよ。
早いものです。
そしてそろそろ学校が始まるんだなぁ。

・眠った眠った
昨日は早めにベッドに入って、
いつもの調子で行くとなかなか眠れないかな、と思いきや
さっさと深い眠りに入れたようで。

今朝は9:00を確認しつつ、
お昼といわずな時間に起きたので、
順調に体内時計は元に戻るかも知れないです。

とりあえず、
昨日の名残を片付けてました。

商品整理とか、
あと、荷物運びに連れて行ってたカート。

あいつは父の所有物だったのですが、
あんまりあたしが連れ回すものですから
父は別のを買っちゃったので
今あたしの部屋で管理されてます。

クローゼットの中にいるので、
またクローゼットに戻そうと開けました。






















































ドーナツ屋さんの制服掛かってるんですけど?

ドーナツ屋さんといえば
井ノ上の最近辞めたバイト先のことなのですが、
そこの制服です。

ぶっちゃけると返しに行くの忘れていたわけですが。
人間気が抜けると
記憶もどっか飛んじゃうみたいで(転嫁先の無い責任転嫁)←誰にも迷惑掛けない手段ですね

まぁ毎日があんな感じだったもので
全然返しに行く時間が無く、
やっぱりお世話になったのでお礼も持って行きたいし、
とかそうこうしているうちにこんなにも時間が経っちゃって・・・。

あぁ。
返しに行かなくては。

近々行ってきます。
怒られそう・・・。



9月13日(火)
学科の旅行に必要なものを買いに行きました。
と云っても、
一泊二日だし、メンバーがメンバーなので(いつもの顔ぶれなのです)
構えることもないかな、みたいな。
とりあえず洗顔フォーム買って、それだけかと。
もう服は秋物ばかり出ていて、見ているだけで暑いですね。

・戻ってなかった
ふふ。
世の中はそんなに甘くは無いようですね。

どうも井ノ上の体内時計はそんなに早く戻ろうとはしないようです。

結構早くにベッドに入ったのですがね。

井ノ上の携帯電話は
2:00になったら自動的に寝て、
5:00になったら自動的に起きます。

そして、井ノ上の記憶の限りでは、
5:00に携帯が起きたのを見ました。

つまり昨晩は
必死に眠ろうと頑張っていたんですよ。

でも結局明け方まで起きてたっぽくて、
でもその後知らぬ間に眠っていたようで、
母が起こしにきたのを
寝ぼけ眼で追い返した気がします。


はぁ。
やはりそんな簡単に元には戻りません。
でもこれをちょっとポジティブに考えてみると・・・。



















































井ノ上はそんなに単純な作りではないということですかね??

複雑な人間の作りを
井ノ上も例に漏れず持っていると、
そういうことで宜しいんですかね?(ですかねって)

いやぁ、何だか人間の証明ですね。
アはははは。

っていうか、
そんな証明が必要なんだな、あたしって・・・。

うふふ。
ちょっとネガティブになっちゃうな(誰だ)




こうやって自分の首を絞めるのって。
・・・実際そんなシーンを想像するとちょっと馬鹿っぽいですね。
(自分で自分の首を、って・・・)

誰かが井ノ上の首を絞めてくれることを願って・・・。



9月14日(水)
兄の誕生日でした。
主役は呑み会で不在だったのですが。
それは前々からの予定だったので、
誕生日会は昨日のうちに済ませました。
だから、何処にでも行ってらっさい、という感じ。
おめでとうございます。

・苗字ランキング
苗字ランキングなる番組が
今さっきまでテレビで。

世の中にはいろんな苗字をお持ちの方が多いですね。

蛸さんとか、鰻さんとか、網さんとか。

何て読むの?ってので挙げられていたのでしたら
“小鳥遊”さん。

すっごい可愛らしい文字並び〜。
家の主さんはとても渋い方でしたしね(ニヤリ)

これで“たかなし”さんと読まれるのですが、
井ノ上が保育園の年長だった時の担当してくれていた先生は
“たかなし”先生でした。

“高梨”でしたが。


で、これ、やっぱりトップは佐藤さんだったワケですが
(井ノ上の記憶の限り、ココ何年も上位3位は変わってないと思います)
これ、漢字違う人は除きですよね?

さとう、ったって、
“佐東”だって“左藤”だっているわけですし。

あ、あ、じゃあ読み方はどうなんでしょう?

イノカミとか。

そもそも“井ノ上”で“いのうえ”って方はどれくらいいらっしゃるんでしょう?

判子もないことですし(6/2参照)

“井上”さんと“井ノ上”さんでは違いますよね、やっぱり。

何となく気になったりします。

テロップで苗字ランキングが下に流れていたんですけどね、
井ノ上家のテレビは丁度そこの部分切れてまして
観れなかったんですよ(腹立っちゃん)


「わたし“井ノ上”(いのうえ・いのかみ両方)よ!!」って方!
是非ご一報下さい!!


























































因みに
井ノ上の本名の苗字ランキングは聞かないで下さい!!

禁句です。
神がお怒りになります。
嘘です。
すいません。
調子に乗りました。



9月15日(木)
散髪に行ってきました。
今回は、行く前に妹に髪をいじらせなかったので(04/10/2参照)
何も云われないだろうということを失念しつつ行ったところ、
「これ・・・眉毛どうなってるん?」と云われました。
云われてみたら、ついこの間、一週間風邪引きさんだった妹に
「自分が化粧出来ない時は他人のをしたくなるよね☆」とかってことで
化粧ついでに眉毛剃られたのでした。
あたしにしてはえらく細くなっちゃったらしくて、
誰か眉毛を増やす能力とか持ってる人いないかな、なんて
真剣に考えちゃいました。

・愛知万博に行ってきます
明日から一泊二日で愛知万博に行ってきます。
ので、明日の更新はお休みです。

何でも、今月で終了するので中の土産物が安く売られているとのこと。
まぁ知れてるんでしょうけど。


んで、兄と妹は
B’zさんのライブに行くらしいです。




















































酷いや・・・あたしも行きたかったよ!!

ふんだ!
良いですよーだ。

あたしはあたしで、
モリゾーとキッコロのライブに出掛けますから!!※ありません※

あわよくば飛びついてきてやるんだ!(にゃんまげかよ)

くそぅ、お兄ちゃんめ・・・。
いつもはB’zさんのこととなると驚くほど早耳の癖して。


そんなわけで、明日、井ノ上は時間があれば
頭の中で勝手にB’zライブを繰り広げてる予定です。
一緒に行く友人様方、よろしくお願いします。



9月16日(金)
愛知万博に行ってきました。

モリゾーとキッコロは歩いてないんですね。
ちょっとがっかり。

今回は九人で行動を共に。

今月でおしまい、と云っても
やっぱり人は多ござんすね。

お土産売り場はやはり大混雑で。

モリゾーとキッコロの紙袋をゲット!

自分のものを買うのを忘れていました。
でも良いか。
ぬいぐるみが欲しいわけでもないし、
お菓子は買ったし。


全体を回ったわけでもないんでしょうが
どこのパビリオンもきれいでしたよ。

あたしは下調べナシの
出たとこ勝負といいますか、他人任せといいますか、だったので
着いていくくらいでしたがね。

沢山の世界観が見れて
なかなか面白いです。

回った数は少なかったんですがね。

シンガポールは素敵だった・・・。

何とも心地良い閉塞感。
優しく掻き立てられる恐怖心。

はう。


あたしは写真が嫌いなんです。

やっぱり見たままが良い。
記憶に留めておくのが良いですよ。

デジカメは持って行ったんですがね、
大したもんは撮ってないです。


感動、ってもんでもないですが、
行ったよ、には価値を持ちたいものです。



9月17日(土)
二日目。
遅くまでみんなで騒いで
翌朝七時に起床。
まぁいつまでもベッド内でグズグズしてたんですが。
主に博物館巡りでした。
斎宮博物館と本居宣長記念館。
この二つは時間がオシててバタバタしてましたが、
今回の旅行の最後の目的地、ベルファームでは予定を30分ずらしてくれたので、
割とゆっくりと。
松坂だったのですが、牛さんは食べてないですよ。
お金貯めて、誰か一緒に行こうね!(え?行かない?あそう・・・)

・完成させて!!
バスの中やパビリオン待ち時間中など、
とにかくそんな時間を使って、
その場のノリで出来たグループで
人名しりとりをして、ハマっていました。

ルールは、別に説明しなくても大丈夫なんでしょうが、
普通のしりとりゲームで、
連ねて良い単語は人名のみ、と単純明快。

メンバーが変わると
少しずつルールも変わるんですけど、
基本はこの体制。

一回目のメンバーとだと
人と思われるものなら何でも良かったんですが、
二度目のメンバーとだと
マンガのキャラクターは駄目、とちょっと変更。

誰もが知ってる有名な人。
井ノ上、最近の芸能人はちょいと自信がないですが、
作家とか歴史上の人物とかだと何となく。

それでもちゃんと続いたのですからね!
詰まりはしましたが。

やっぱりあんまりいない、とかいう頭文字はありますよね。

一番悩んだのは多分“る”
あと“こ”←頭もお尻も“こ”っていう芸能人って結構いるから、一気に減って。

連続で同じの回ってくることもしばしば。



帰りのバス内で、
最初は二人でやってたんですが、
最終的には四人になってぐぅるぐぅる。

さてさて、
井ノ上は人数が増えた時点である考えをしのばせていました。

初チャンスは“い”

井ノ上の答えは
「稲葉浩志、で・・・」(キラリラリン)←イメージ

にやりんぐでしたね。

皆さんあたしがサザンとB’z好きなの知っていらっしゃるから
あぁ納得。

さぁあとは“ま”だ!!

Come On “ま”!!

でも強く懇願すると
他人に行っちゃうので、
友達に“ま”が回ってきた時には
悔しいので
最後に“ん”のつく芸能人を教えちゃいそうになりましたよ。
(やなヤツ)

んで、
“ま”の出現率が悪いその間に、
またしても新たな考え。

この初チャンスは“き”←豆知識:意外と思いつかない

井ノ上の答えは
「じゃあ、京極夏彦」あぁあぁ!←皆の声

本屋には腐るほど行くし(この場合、腐るのはあたしでしょうか?)
本大好きさんですしね。

とりあえず作家で狙ってみましょうか?みたいな。

狙うは“お”か“み”(←おかみ?女将?御上)?ですね!

Come On “お” or “み”!!

でも強く懇願すると(以下略)

んでもって、
その後、回ってきたのは“み”のみ。

当然「宮部みゆき」だったわけですが。






















































結局どちらも完成しなかった・・・・。

どちらも、どちらも・・・。

うぐぅ。

っていうか、“る”とか“こ”とかでかなり時間を取られるし、
進むにつれて難易度は高くなるので、
気が付けば解散場所にバス到着?

時間と距離と速度の
何とも無情なことか・・・・!!

しかし・・・しかし・・・。

その算数みたいな単語並び
あたしは恨むことなんて出来ない!!(理数好き。勿論文型も好き)

何のこっちゃ。


変なテンション爆発ですね。

母にも云われましたよ。

母「疲れてねんなぁ・・・」

・・・・・・はい。

※今日の日記
意味の判らない人がいると困るので?(いや、井ノ上の日記である以上は困ることはないのでしょうが)
まぁ一応。
参考文献っていうか・・・。

B’zさんは流石に貼れまいよ・・・・。
(オフィシャルサイト行きましたが。とても幸せな時間でしたが。趣旨を見失いかけましたが)



9月18日(日)
お墓参りに行く予定でした。

しかしながら
あたしは足が痛くて歩きにくかったので
敢え無く棄権。

夜に父・母・妹と四人で
車にガソリン入れに行くついで、
カラオケに行ってきました。

途中、お手洗いに立ったのですが、
小さな男の子が洗い場で一人何かしています。

お母さんを待っているのかな?と思ったのですが、
個室は全部開いたまま。

え?この子ダレ?

靴も履いていませんでしたし、
勿論、近くに親らしき影もなく。

その後、あたしは彼を見てません。

彼は・・・・母をたずねて三千里?(何云ってるんだ)



9月19日(月)
昨日は日記サボりまして申し訳ない。
何故か更新しなかったのです。何故でしょう?
原因不明です。
トラウマのような地獄絵が
友人の手によって今しがたメールされてきました。
死ぬかと思いました。
直視する前にウィンドウを消したので事なきを得ましたが、
近い将来アレと向き合わなければなりません。
辛い戦いです。
云ってる意味が判りませんね。
判る人にしか判らないのですよ。
ところでそのメール、
バルクメールとしてきたのですが、何か深いワケ有りですね(?)

・カニ部存続の危機か
中学の友人と三人で。

ぶっちゃけて云うと
カニ部のメンバーと。

え?何?
カニ部を知らない?

そりゃあ貴方、世間の渡り方をよくご存知だ。

いえね、別に知らない人は知っておくと良いわけでもない代物ですよ。

とりあえず
あたしのサイトではindexページにリンク貼ってますがね。

何の更新も進んどらんサイトですよ。

勿論メインはカラオケで行ったんですがね、
この三人が集うと
どうも話はカニ部に移行しちゃうらしくて、
あの更新されないサイトを何とかしようってことになって、
甚だしい脱線を交えつつ話し合いをしてたんですよ。

中学の頃からリレーマンガで楽しんできた仲間です。
しかし、頻繁に会えなくなると
譬えたまに会って交換しようが、
web上で公開しようが、
やっぱりやり辛いもんです。

かといって消去にも踏み込めず、
ぐずぐずしながら
進めることに決定した次第ですよ。



さてさて。

やはり複数でマンガを描く、というのは割と難しいもので、
一朝一夕にいかないです。

テーマやキャラクター、設定、目的などなど、
いろいろと考えなくてはなりません。

しかし時間がない。

だから、一朝一夕でやらないといけないわけです。

そんな状態が
何故か中学の頃からの常で、
そんなこんなな我々のリレーマンガは
落ち着くところに落ち着いたことがないのですよ。

心機一転も何か気乗りしないみたいでしたし、
どうなるのやら・・・。
























それにしても気になるのは





































カニ部のカウンターを誰が回しているか、ってことです。


コレ謎なんですよね。

サイト管理人の一人ではあるのですが、
井ノ上はあまり足を運びません。

どうもメンバーもそんなに頻繁には行かないみたいですし・・・。

あのー、カニ部にご来室の方、
あのサイトに掲示板とか置いたらカキコ下さいます?(訊くな訊くな)



9月20日(火)
バイトを探さないとヤバいです。
いい加減ヤバいです。
誰か良いところを紹介してください。
いえ、嘘ですが。
やはりコミュニケーションとるの苦手な性分は直さないと。

・妹のお土産
やはり外には出たいです。
でもやることがない。

お散歩とかサイクリングとか、
そう云うのは外出したついでにやりたいものですから
きっかけが欲しいです。

だから此処のところ
あまり良いネタが思いつきません。

今日も外出の予定なく身の振り方を考えていたところ、
妹からメールが。

件名:電車で。。
本文:『一番線に○○行き特急が参ります。
     座席は全て指定となっております』
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    『一番線に○○行き特急が参ります。
     座席は全て犠牲となっております』




















































最早、座席ですら犠牲になる世の中ですね。

人類は数々の犠牲の上に成り立ってきたのですね。

他人の席を奪ってでも
出張に行かなくてはならないのだよ・・・。



9月21日(水)
兄の大学は今日から学校が始まりました。
あたしもそろそろ学校です。
昨日は履修登録の修正をしていたのですが、
さて後期も頑張らないと・・・。

・問題 その正体は何でしょう?
もうさっきから鳥肌が治まらないですよ!!

どうにかしてくださいよ!誰でも良いですから!!

自室のパソコンで更新するわけですがね、
もう狭い個室にお前がいるな!!って話ですよ!!

あー鬱陶しい!!

大体、お前の季節はもう終わったでしょうがよッッ!!?

頼むから出て行ってくれよ!
もしくは
おとなしく潰されてくれよ!!

嫌ならおとなしくしててくれ。

とにかくあたしの逆鱗に触れないでくださいよ!

さっきから何度
叫んで叩いて追っかけてをしてると思ってるんですか!?

苛め?苛めですか?それは!?

太刀が悪いですよ!
全く、何してるんですか!!

出てくるなら出てくる、
消えるなら消えるで、
とにかく鬱陶しい真似はしないでくださいよ。

あぁ!正直気持ちが悪いです!!

何でもないのにさっきから体の調子が変です。

本当に。
あたし今裸眼で、辺りがぼやけて見えてるんで、
ある程度まで行っちゃったら見えないじゃないですか!

鬱陶しい!
誠に遺憾だ!!

苛々するぅ!!!










さて、皆さん。
先程から井ノ上を苛々させているモノの正体、
掴めましたか?

そう、

です。

あぁ!鬱陶しい!!
本当に鬱陶しいです!!

さっきから見かけては叩き、しくじり、
また見かけては叩き、しくじっておりまして、
場所によっては
クローゼットをばんッ!
フローリングをどんッ!

そうしていると妹が
「お姉ちゃん、さっきから何一人で騒いでんの?」
とあらぬ疑い。

おのれぇ、蚊めぇ!!




・・・・・・・・・。


がはッ!!!?









































あ、足を刺された・・・・。

あたし・・・もう駄目かも知れない・・・・・。

さっきから妙に内側側面が痒いと思ったらぁ!!!

おのれぇぇぇえぇぇぇぇえええ!!!!!

痛痒い!!
実に!実に不愉快な状況だ!!

ふッ。
しかしながら、冷静になって世界を見渡せば
今まで気にしてなかったものが重要であることに気が付くもの・・・。

お前はあたしの足元にいると見た!!!

見つけたりぃ!!


ばんッ!!!!!




かくして井ノ上岬の戦いは終わった。
あやつが一匹だという確信はない。
しかし、一匹であるだろうという、半ば希望的観測から決定して、
戦いは終わったと云っておこう。
フローリングに叩きつけた際に出来た
小さな血溜りがこの長き戦いの爪痕なのだ(汚らしいから即拭き取りました)

人類とは皆・・・・・孤独だ――。
                   井ノ上岬(18)  秋の始まりを告げて



9月22日(木)
明日から高知へ旅行に行ってきます。
今回は家族旅行。
25日に帰ってくる予定で、
翌日から学校という何とも譬えようがないスケジュール。
四万十川がメインらしいので
ちょっと楽しみです〜。

・約束したので・・・一応
妹のが壊れる原因の一つは某マンガ。
正確に云うと、某テニスマンガ。
っていうか、今更伏せても仕方がない気がします。

テレビ観ながら絶叫。

まぁネタらしいネタも思いつかないので(っていうか忘れちゃった☆)
とりあえず口約束で妹も忘れているであろうプロミス。




私の好きなアニメランキング 27位 「テニスの王子様」






えーっと。
良かったですね。

うん。
良かったですね(二度目)

画面には主人公しか出てきてなくて
何やら不満げでしたけど
何やかんやで嬉しそうな妹でした。

良かったですね(三度目)










さて、学校が始まるとまた忙しくなりそうです。
楽しみだなぁ、後期開始が。


あ、そうだ。
昨日の蚊の話ですがね、
蚊は冬でも生息しますよ、というご意見を戴きました。

確かに、昨今の日本の冬は暖かいですからね。

しかしながら、
昔はおりませんでしたよ。
少なくとも我が家には。

本当にもう、
年がら年中が生息期間なんかになっちゃったら
蚊取り線香が風流でなくなりますよ。



9月23〜25日(金〜日)←何だか嫌だ。とても違和感。とても嫌だ。
四国に家族旅行へ行ってきました。

父と母と妹と祖母二人。
兄はおうちでお留守番です(鍋パーティをするんだそうで)

祖母の強い要望により、
四万十川をみに高知へ行くのがメインのようで。

四国行くのは久々なんで、
とても楽しみです〜。

お土産は買いませんがね。
お金が無いんですよ!
判ってくださいよ!!
良いバイト紹介してくださいよ!!!
(どさくさ)


それにしても、
旅は良いものです。

一人で行きたいですけど、
誰と行ってもワクワクするもので、
ハイテンションで!!
行きの車の中ではずっと寝てましたが。

カツオのたたきが臭くない!
普段の食卓に出てくるのも臭くないの選んで買いますけど、
やっぱり本場高知のは違う!
全然違う!!

鰻もよく肥えてて、
中国産のを食べてたら判らない味ですな。

水がきれいな所為か、
米もとてもおいしく炊けてましたし。

そうそう、お水といえば、
海!!

奈良には海がございませんからね。

写真も撮りました〜。


[海をバックにぱしゃり☆]

父が切れてますね。
撮影者はあたしじゃないです。
母ですよ。

やっぱり海は良いですね〜。

あたしは、
海のあるところで生まれて、
小さい頃は海でよく遊んでいたのに、今は内陸県におるもんですから
懐かしいというか、
やっぱり母なる海なんでしょうかね?

っていうか、上の写真、
あんまり海写ってないし!!!


二日目。
24日に四万十の川を上流に向かって車で走りました。

祖母の所望もありいの、
山道の所為で妹が酔ったこともありいので、
途中の道路に車を寄せて
四万十川を堪能。


[川に黄昏つつぱしゃり☆]

撮影者は父です。

お前らアホやなぁ、とか云いながらも撮る父。

四万十川は大きい!きれい!!

上の写真よりも
もうちょっと先に行ったところで
若い兄ちゃんが沈下橋からダイブやってました。

三人が一人ずつ飛び込んでいたわけですが、
一人飛び込むごとに何故か拍手する我が一家。

妹は
「お姉ちゃん!今の撮った!?」とか訊くので、いいや、と云ったら
「も〜」とかため息。

欲しかったの?

っていうか。上の写真、
あんまり四万十川写ってないし!!!

三日目。
25日はお帰りの日です。

香川に行ってうどん食べました〜。
讃岐うどん。

腰が!弾力性が!!

歯ぁ折れるかと思いました!!(云いすぎです)

祖母たちはお土産買ってたんで、
あたしは妹と別行動しているうちに、
妹とも別行動。

して、
あたしも自分用に買っちゃいました。

衝動買いにも近い買い物ですが。


[焼き豆腐くん]

お豆腐!!

お豆腐のクッションです!

ソフトな肌触りがとても心地良く、
何だか愛嬌のある顔が何とも云えない
はんなり豆腐の焼き豆腐くんです。

何か
梅豆腐、枝豆豆腐、黒ゴマ豆腐(おいうえお順)とあと焼き豆腐と
四種類あったんですが、
四種類なんてずるいです!!
ギリギリまで悩んでましたよ!!!

あうー。
かわよい・・・。

帰りの車の中、
暫く抱いて寝てたんですが、
あ、クッションやった、ってことに気付いて
頭置いてぐーすかと。

ぺしゃんこにしてもかわよい!!

持って帰ったら兄も喜んでくれて、
誘拐されそうになりましたよ。

猫は食べよるし。

っていうか、
別に四国で買わなくても良いですね!!!





あうー。
とにかく楽しかったですよう!!

夏休み最後にしては良い思い出です。

さて、明日から学校です。

また騒がしい毎日が始まるぞ〜。

では。



9月26日(月)
今日から学校が始まりました。
16、17日の学科旅行で逢いましたから
然程久しぶり、と云うわけでもなかった顔の方が多かったわけですが
それでもやはり違うものは感じますね。
皆のテンションが変わってないようなので
後期もまた騒がしくなりそうな予感なんてもんじゃないですが
っていうか、決定事項?
まぁとにかくお願いしますね。
空き時間とかでも。
で、近々カラオケにでも行きましょー。

・コレって何バトンですのん?
何だか脈絡のないって云うか。
ひょっとして最近のバトンはお名前が無いのですか?

まぁでも回ってきたので答えますね。

えっとぅ・・・。

●お気に入りな所持アイテム5つ(画像付きだと尚良し)
※画像付けました。語句をクリックで出ます(別窓)

・パソコン
   好きです。愛してます。
   自分のお小遣いで買った(正確にはまだ途中)でかい買い物その壱。
   ただ、ローンが残ってますので、来年の二月(かな?)で払い終えたら
   晴れてあたしのものになってください(何云ってるんだろう?)
・複合機
   好きです。愛してます。(またかよ)
   自分のお小遣いで買ったでかいものその弐。
   値段的には上のと大差ある感じですが
   まぁでも高かったですたい。
・焼き豆腐くん
   好きです。愛してます。(いい加減恥ずかしくなってきました)
   昨日のアレです。
   とても可愛い。良い。
   今、愛らしい笑みを浮かべながら虚空を直視している彼が
   あたしの隣にいるので満足です。
・ペン
   好き。我が右腕。我が僕。我が主(←どっちだ!?)
   何でも良いです。
   シャーペンでもボールペンでも、ペンシルも好き。
   白い紙があれば云うことなし。
・ミーコ
   好き好き、めっちゃ好き!!
   猫のぬいぐるみの名前です。
   小さい頃に、初めて自分のお小遣いで買った子で
   ボロボロで汚くなってますが、とてもかわよい。
   将来独り立ちするときもちゃんと連れて行きますよ♪

●今欲しいと思っているアイテム5つ
・ノートパソコン
   持ち運び用が欲しい気がしてきました。
   あたしもう、田舎暮らし出来ないかも。
   文明に頼りすぎて(いや、元々出来そうな自信はなかったが)
・タブレット
   実は持ってなくて。
   いや、別に絶対欲しいもんでもないです。
   複合機購入時に買うつもりだったのですが、
   別に無くてもやっていけるような気がしたので買わずにいたら
   確かに買わなくてもやっていけてます。
   じゃあ何で書いたんだろう?
   まぁ欲しい時もある、ってことで。
・本
   小説が読みたいです。
   誰の、って云うんじゃなくて。
   ただ、あたし好みにうるさいですからね。
   なかなか読みたいものが決まらない・・・・。
・研究室
   理科室みたいな。
   物理研究っていうか、化学研究っていうか、そういうことがしたいです。
   知識が無いのでやりすぎると死んでそうですが、
   でもそういう最期もアリかなぁ・・・なんて。
   アトリエみたいなもんですね(多分違う)
   ラボです。
・お金
   上記を叶える為にはやっぱり必要ですからねぇ。
   まぁ全部が全部欲しいわけじゃないですが、
   人間やってりゃあ、ある意味では基本的な願いですよ。
   きれいごとでまかり通ればこんなこと云いませんよね、誰も。

●普段の家着は?
別に決まってないですよ。
ただ、家にいるときくらいは楽な格好でいなさいね、って母に云われている辺り、
普段着と家着に大した境界線は無いんでしょう。
とは云いましても、
あたしのお洒落着は大層レベルが低いですがね。

●自分のお洒落論を存分に語ってください
お洒落だなんだに気を使わないので、
とりあえずシンプルで簡単に着れたらそれで良いですよ。
着てみたい服装とかないですし、
だから絵を描くにしても服のデザインは適当になっちゃうんですね。

ただ、可愛いなぁと思うことはありますね。
でもそんなのは眺めているだけで満足ですし、
大体、変に洒落込むのはとても気恥ずかしい気がします。

あ。あたしのお洒落論か。

高校の時は
制服があたしのお洒落着だ、なんてのたまってたヤツです。

センスは無いです。
とても。嫌になるくらい。

単純なのが良いですよ。

でも、絵とか文字とか入った服は遠慮したい人ですがね。

●次にバトン回す人
例によっていませんが・・・。
でも、前々からやりたい人〜、とかっても
全然いないみたいですからね。

指定しましょうか。

いや、でもやっぱり止めとこう。

えっと。
じゃあとりあえず気付いた人。
読んだ人は先着でやってください。

もう既に回ってきてる人は良いですが。

あ、でもこのやり方って
人数が不確定・・・・。




もうぐずぐずな終わり方で申し訳ない。

では。



9月27日(火)
どうしても日記を書く気にならないのです。

でも書きます。

これは償いですから。


こんな書き出しなので気分はとても陰鬱です。
そうなった理由も勿論判っています。
最早明白なのです。
細部に渡っては書きませんが。
書けないですよ。


あたしは馬鹿なんです。
どうしようもなく。

後悔するしかないんです。



考えてみたんです。

これは本当のあたしなんだなぁ、と。
この“猫びより”というサイトは
本当のあたしなんだなぁ、と。

「日記面白いよ」って、
イラストサイトですけど
そんな風に云ってもらうのはとてもありがたいのです。

本当に。

「日記の為だけに来るねん!」なんて言葉も
死ぬほど嬉しいんです。

だからあたしは、
猫びよりは日記サイトじゃありません、なんて馬鹿をさらけ出したようにも書けるのだし、
書いてるときはそりゃもう楽しいったらないです。

助けてもらっています。
来室者の方々とか、
いろんな方に。

本当に。

だからこのサイトの日記は
鬱々としていてはダメなんです。

自惚れたこと書くなら、
皆さんが「面白いよ」って云ってくれなくては、
此処は成立しないんです。

でも、だからと云って
無理して馬鹿みたいな文面で書いてるんだって、
そう云いたいんじゃないんです。

“猫びより”というサイトは
確かにあたしなんです。

この日記に書いてあることは
正直に、ただ真っ直ぐに、
日々あたしが思ったことを書き連ねている、
本当のあたしが在るんです。

毎日楽しいです。

生きてて楽しいです。

楽しみは転がってるんです。

そんなことを、ただ、書くんです。

だから此処は本当のあたしなんです。


でも、陰鬱になることもあるんです。

あたしはお喋りが下手です。
とても下手です。

口が滑るなんてもんじゃない。
うっかりなんかでは片付かない。

云ってすぐに後悔するから
とても太刀が悪い。

いけないと思ったら口にしない。
口にした後いけないって漸く思う。
弁解はできない。

そうやって誰かを傷付けて。

でもゴメンナサイは云えない。

勇気がない。

云わなくてはいけないのに云えない。

馬鹿なんです。


云いたいことが山ほどあるんです。

自分に。

誰に云うでもなく、自分に。

誰かに云う言葉は“ごめんなさい”だけなんです。

暗鬱な自分を責めたい。

だけど
鬱な自分は決して此処では出しちゃいけない。

決めてるんです。

決めたんです。

此処では馬鹿やって馬鹿やって。

お喋りできない分馬鹿やって、
楽しい、面白い、がとても嬉しい。

そんな場所だから、
“猫びより”では云っちゃいけない。

それでも、どうしてもダメなあたしの
ダメな言い訳を誰かに聞いてもらいたいときがあります。

此処では語ることの出来ないあたしの話を
誰かに聞いてもらいたいときがあります。

溜め所、逃げ場所、何でも良いです。

とにかく“猫びより”じゃ出せないでいるあたしを
どこかで出したい。


そんな思い。




ごめんなさい。
やっぱり日記書く気になれないや。

おやすみなさい。
弁解はしません。
下手なんで、お喋り。



9月28日(水)
学食の券売機にて、
500円玉入れて360円の食券買ったら
150円おつりが出てきて、
あれ?10円多くない?みたいな。
得したではなく、
あたしはおつりの140円で
140円のペットボトルのお茶を買うつもりでいて、
丁度500円計画を立てていたのに。
やっぱり思い通りには行かないものですね。
あ、そういえば10円返してないや。
返してこないと。

・とても怖いもの
井ノ上の大学はキリスト教信仰学校です。

一回生には前後期通しての必修で、
お祈りの時間的なものがあります。

それなりに立派な教会がありまして、
チャペルがございます。
ステンドグラス、蝋燭、十字架、オルガン・・・、
一般的にキリスト教教会をイメージされるものが置かれている
ごく普通の。

とは云ったものの、
あたしはキリスト教信者ではないですからね。

他の教会へは行ったことがないので
ごく普通と云ってもしっくりこないのですが。


で、
その時間に何をするのかと云いますと、
イエス・キリストに祈りを捧げます。
賛美歌を歌います。

そして、
講師による奨励があります。


あたしは高校も宗教校でした。
キリスト教徒は違いましたが。

大概、熱心でもない、寧ろ興味の無い者にとって
宗教の話と云うのは退屈なものです。

あたしも
神は別に崇めるものではないと思いますので
特に宗教にこだわりはないです。

キリスト教は
どちらかといえば嫌いな分野ですね。

でもこのお祈りの時間は好きです。

お話を聞くのがとても好き。

すぐに神様に結びつける辺り
あぁ信者だな、って思います。

自分が持ち得ないだろうな、と云うものを
確実に持っている人の話を聞いている時間は
大変勉強になります。

さて、今回の奨励者は
うちの大学の宗教部宗教部長でした。

その人は・・・・とても喋るのが下手くそです。

何でもないところで躓き、
一文云うのにも要らぬ時間を掛けます。

それに苛々する人も多いようです。


今回の話は「主の祈り」でした。

“天に召します我らの父よ。願わくは御名を崇めさせたまえ”だっけか?

そんなさわりくらいはご存知の方も多いのではないでしょうか。


父、とはイエスのことだと、宗教部長は仰いました。

父と云う存在は大きいものだと。
そして、同時に、
怖いものだと。

宗教部長は噛み噛みで云いました。

「昔から、怖いものの羅列に、地震・雷・火事・・・火事・親父と云いまして・・・・」





















































“火事”二回云った!!

ひぃい!!
火事怖すぎでしょう!!!

どんだけ怖いですかよ、火!
人間文明の起源よ!?


っていうか、
重きを置くのは
“親父”の部分でしょう!?

イエス=父と云う話をしてるんですから!!


・・・・・いえ、勿論噛んだだけなんですけどもね。

でも、云えてくださいよ。

“地震・雷・火事・親父”くらい・・・・。

本当、寧ろそんな風に喋る方が難しいんじゃないかってくらい
よく噛むんですよ。

皆さんは云えますよね?
“地震・雷・火事・親父”



9月29日(木)
昨日の学食の券売機の件。
多かったおつりの10円玉を持っていったら
今までそんな風に返しに来た人いないよ、貴方が初めてだ、
と云われました。
はっはっはっ!
なる気もなかったのに
第一人者になっちゃいましたよ。

・何の音なんだろう?そして宗派は?
あのー。

前書きの長い日記なわけですが、
どうもこう、
聞いていたらどんな思考もストップしちゃう音って
ありません?

それって大概、突然現れてくるものではないですか?

っていうか、
突然だからこそ思考が出来なくなる。

つまり、“焦り”ですよね。

勿論、人の声も“音”として含めて、
そんなことないですか?


とにかく今日は気の効いた前書きが思いつかなくて・・・。

あ、いや、
いつも気は効いてないですが。
支離滅裂で。

友人にも云われて、
自分でも気付いていたんですが、
変換ミスの多いサイトですしね。









あたしを焦らせているものの正体。




















































隣の家から木魚の音が聞こえてくるんですが?

井ノ上家の隣家はお百姓さんで、
ご年配夫婦が住んでいらっしゃるようです。

少し語弊があるのですが、
不潔感が否めなく、
時折、クモやらゴキブリやらをお裾分けしてきます。

そんな関係が祖母の若かりし時代から、と聞いておりまして。

その家と我が家との境界は
塀のような立派なものでなく柵。
それもとても低い柵。

お隣丸見えでもう見たくないくらいです。

余談ですが
隣家には、玄関までにお庭があるのです。
そこでよく火を焚いてゴミを燃やしているようなのですが
大変煙たい!

煙と匂いが我が家方面に
拡散しつつ流れ込んでくる上、
それを真昼間からやらかすものですから
洗濯物が臭くなる、と母は大激怒。

常識の無さに、我が家では不評の隣家です。

まぁそれはさておき。

そんな家から何故木魚の音?

いえ、“そんな家”といったところで
反証になったものは何一つ云ってはないですが、
でも有神論者ってわけでもなさそうな感じです。

何せ井ノ上自身、
生まれた頃からのお隣さんですからね。

でも聞いたことないんですよね。
今まで、一度も。

っていうか、
木魚って普通のお家でも所有するような代物なのですかね?

あたしには判りませんが。

うーん。

まぁ、他家の、しかも嫌悪を抱いている家の事情なんて
知ったことではないのですがね。

あぁ、吃驚しました。

木魚・・・。

それにしても
大分と漂泊した今日の日記だ。

木魚・・・・。



9月30日(金)
えっと・・・。
前回発行いたしました、
「テニスの王子様」の合同誌。
何だか、
第二段発行企画が持ち上がっている模様で・・・。
大学の友人たちの
邪なる私情をふんだんに含んだコールでして。
うーん。話は進んでないんですがねぇ。
どうなることやら。

・欲しいものがありまして
本が、本が・・・。

どうしてもあたしを眠りに誘う本がありまして。

今それを読みつつ
学校に行ったりなんかしてるわけなのですが、
読んでいると眠たくなって
なかなかな前に進まない。

もう三日ばかり同じ本読んでる。

止めたい。

大体何処の本屋さんにも置いてある作家さんの作品なんですがね、
どうもあたしには合わないようです。

ダメだ眠たい。

しかもそれ
ブックカバーつけてもらえなくって、表紙丸出しなんですよね。

「あら、あの子、まだあの本読んでるわ」みたいなこと
思われるはずもないんでしょうが
どうしても考えちゃうなぁ、なんて。


本読みながら眠たくならない方法、なんて無茶は云わないので、
とにかく
予てから欲しがっていたブックカバーとブックマークを買いに行くことにしました。

何か良いの売ってないですかネェ。

とと。

読んでいる本の一番後ろに
チラシが挟まっています。

小説本には大概挟まっている
自分の会社の発行物を紹介するあのチラシ。

目を通してみると
懸賞がついています。

皮製ブックカバーとブックマークのセットを500名様に
というコースを発見。

おぉ!
今あたしが欲しいと思っているものを
ズバリ踏んだ賞品。

素晴らしい偶然。

まぁ当たるか当たらないかは別として。


で、よくよく読んでみる。

応募期間 1999年7月1日〜1999年12月31日(消印有効)






















































消印有効でもなぁ・・・・。

1999年て。〆切。

そんなん云われてもなぁ。

応募なんかしたら
頭おかしい子になっちゃいますやんか。

っていうか、
入れておかないでくださいよ、こんなの。

あぁ吃驚した。

同時に
とんだぬか喜びですよ。

まぁ当たるか当たらないかは別として。




それにしても1999年〆切とは・・・。

1990年代、ちょっとレアな響きです(そうか?)